2022年06月11日

賃金と人件費

補助金申請に向けて、リサイクル経営者と事業計画を作成しています。

申請条件には、最低賃金からの上乗せの計画が求められていますが、

賃金UPは経営上の大きな負担です。

どのくらいか。

人を雇うと、賃金を給与として払います。

給与以外にも、賞与があり、退職金、退職年金にかかるコストがあり、

退職金は、あらかじめ引当てておきます。

これ以外にも、社会保険料の事業主負担が。

手厚く住宅資金の貸付や趣味活動への援助などがあれば、法定外福利費として計上されます。

もっと言うと、教育研修の経費、採用にかける経費もあります。

これらすべてを合算したものが総人件費。

よく給与の3倍稼いで一人前と言われてましたが、受取る賃金と負担する人件費には相当の開きがあるんですね。

というような話を交えつつ、経営者とどこまでUPするかは検討中です。

ところで、財務情報として、ミラサポに人件費を入力します。

人件費は、通常(私の理解)役員報酬は含まないのですが、

こちら含むとあります。

中小事業者は、経営者のウエイトが大きいからでしょうかと、思うのですが、

実際はどうなのでしょうか。


posted by ネット田中 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

キッチンカー出店計画

キッチンカー出店計画のご相談がありました。

都内のベーカーリーショップ。

コロナ禍にあっても密接触を避けた店舗運営を行い、売上と収益黒字を確保しています。

しかし、最近の原材料高騰は痛手、商品価格への転嫁もそう簡単なことではありませんね。

キッチンカーは、そんな中での計画です。

所有の軽自動車の荷台を改造、冷蔵庫ほか設備を準備、決済はキャッシュレスでと、、

資金調達を含め計画を練りますが、商品に工夫をと思案中です。

店舗では、その近隣地域の人口動態に影響されますが、キッチンカーは出向く先で異なります。

今の時代、ある程度ネットでノウハウを得られますが、ここは類似の現場調査が有効となります。

所属事務所のあるMioさいたま新都心そばの北与野駅にもありました。

意識しないとスルーしていましたが、すると目につくんですね。

平日のお昼時、立て看板には営業時間があり売り切れごめんで、お客さんも列を作り繁盛のよう。

価格帯は1000円〜2000円、さっそく事務所に持ち帰りローストチキンカレーとても美味しく頂きました。

これをパンに置き換えると、、

計画案を頭の中でシミュレーションしています。

キッチンカー.jpg
ラベル:事業計画
posted by ネット田中 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月10日

新入社員の季節

電車の窓からピカピカの一年生を見つけると、新年度がスタートしたなと実感が。

会社では、新社長が新入社員に訓示し、この素晴らしい会社にようこそ、と挨拶。

そして、新入社員の初出勤も翌日からは、早速、在宅勤務のハイブリットになりました。

貴方にとって仕事とは?

歓談の中で、こういう問いが。

サラリーマン生活を長く続けていく中では、時折、誰しも考えますね。

生きるに必要な、眠る、食べるを除くと、人生で最も長い時間を費やすのが仕事。

ですから、仕事とは人生そのものと答える人も多いのではないでしょうか。

人生には、悩み、楽しみ、ありとあらゆる感情の場面がありますが、仕事の中で体感することが多いのも事実です。

私は、仕事とは、こだわりとあきらめ、と答えます。

その心は、人生と同じで、ちょうどいいバランスが大事かなと思うからです。

新入社員の季節、皆さんにご健勝を。
posted by ネット田中 at 16:23| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月04日

DXと仮名加工情報

一昨日は、研究会チームの会合。

4月に施行スタートした、個人情報保護法改正についての勉強会となりました。

備忘録兼ねて記事にします。

まず、改正のポイントです。

・個人の権利の拡充
・事業者の守るべき責務が追加
・企業の特定分野(部門)を対象とする認定団体を認定できる
・データ利活用の推進
・ペナルティ(法定刑)の強化
・外国事業者への罰則追加

ここで注目は、データ利活用の推進です。

「仮名加工情報」というのが創設され、個人情報保有者の義務を緩和しています。

従来、個人情報を加工して個人を特定できない情報に変換した場合でも、個人情報と同じ対応が必要でした。

創設された仮名加工情報は、「他の情報と照合しない限り、特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得た個人に関する情報」のことを指します。

この仮名加工情報ですが、利用用途して例示されています。

・医療・製薬分野等における研究

・不正検知・売上予測等の機械学習モデルの学習

・利用目的を達成した個人情報を、仮名加工情報として加工した上で保管し将来的に統計分析に利用する

そうなんですね。

DXを推進すべく、個人データを活用しやすくしたものと捉えても良いかと思います。

改正個人情報保護法は、「個人の権利・利益の保護」と「個人情報の有用性」のバランスを図るための改正と言えそうです。
ラベル:個人情報
posted by ネット田中 at 16:24| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

グリーン成長と炭素生産性

昨日のコンサルグループの会合、グリーン成長について発表があり、備忘録兼ねて記事にしました。

炭素生産性は、付加価値額をCO2排出量で割ったもの。

この指標を使って、様々な政府施策が発表されています。

中小企業支援で言えば、事業再構築補助金の第6次、事前情報では、グリーン成長枠が創設され、補助上限1億円とのこと。

昨年、「カーボンニュートラルに向けた投資促進税制」が発表され、あまり知られていませんが大手企業では、多くが取り組んでいます。

この制度、⽣産設備または⽣産⼯程改善の投資を行い、炭素生産性の目標を達成すると、投資額の10%税額控除または50%の特別償却を認めるものです。

最新設備を導入すれば、今より省エネ対応されているのでCO2が今より減り、機能もアップしているので生産効率があがり、付加価値額も向上します。

ならば、目標達成も簡単と思いきや、3年以内に10%UPは、かなり高いハードルのようです。

ところで、CO2排出量をどう計算するのか。

ちゃんと、経産省ホームページに「エネルギー起源二酸化炭素排出量等計算ツール」が置いてあり、

熱源ごとの利用明細(請求書)から入力することになります。


成程と、こちらを使えば小規模事業者でも利用可能かと。

脱炭素と成長の両立、グリーン成長を後押ししたいと思います。
posted by ネット田中 at 12:37| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月01日

計画年休と生産性

会社勤めの方には、有給休暇の取得を奨励される機会が増えているかと思います。

毎度言われているように、先進国の中でも有給休暇の消化率が飛びぬけて低いのが日本。

労働基準法では計画年休について定めており、労使協定で折り合えば、時期や日数を決めて一斉に有給休暇とすることができます。

この計画年休も欧米に比べて極端に低い年休取得率を改善しようとして導入されたんですね。

本来は年休を100%自由に完全取得するのが理想なのですが、そうさせないのは、日本人の仕事観なのか、日本企業の仕組みの問題なのか、はたまた社会風土なのか。

仕事観については、昔と相当変化していると思うのですが。

仕事より家庭を優先したり、出世を望まず、そこそこの暮らしを望むなど、若い世代の意識はかなり変化していると。

やはり、本人の意識より周りの環境からの影響が大きいと思うのです。

環境といえば、2年続くコロナ禍で出社をさけるために休暇など。

先週、城西ビジネス診断士会の発表の中でドイツ勤務の経験談が記憶に残りました。

仕事のスピード感が違って、とにかく早いし濃密で、終わればさっさと帰る、、

生産性が高いのもうなずけると。

日本でも計画年休が生産性を高める契機になればと思ったしだいです。

posted by ネット田中 at 14:00| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

ジョブ型雇用のこれから

昨日は、所属する会で『働き方改革と生産性について』を聴講。

とても分かりやすく納得感があり、整理も兼ねて記事にしました。

日本の労働生産性は、世界比較で低い、、とても低い、、

アメリカは比較にもならず、韓国より低く、賃金も一昨年抜かれています。

ここらは、もう言われつくされましたが、

コロナ禍が世界中を襲い、その対策と経済再興に向けて、各国がお金をつぎ込んでいます。

日本は、つぎ込んだお金の額では、世界トップ群で抜きんでていますが、その効果がいまいち現れないと苦しんでいます。

話は変わり、その原因には日本の雇用制度が大きく影響しています。

賃金制度では大手を中心に成果報酬部分を大きくしたり、工夫がされています。

従来のメンバーシップ型雇用のもとでは、この報酬制度もうまく機能してないようです。

入社すると、いろんな部署を経験し、転勤を受入、会社の事業転換に応じて、なんでもやる。

ゼネラリストと言われて、社内システムは詳しくなりますが、外に飛び出ようとすると、何ができるのと自問することも。

これは自身のサラリーマン経験の実感としてもわかります。

ジョブ型は、この分野のスペシャリストとして雇用されるので、会社での仕事は、外に出ても通用するんですね。

制度設計としてジョブ型雇用の取り入れ方は、様々でしょうが、この流れは変わらないと。

終身雇用は時代に合わないと言いつくされ徐々に対策をとってきた日本の社会システムですが、急難にあって変化してきた歴史があると言います。

江戸時代から明治維新、戦争があり。

今のコロナ禍もその急難にあたるのでは無いかと。

経済再生のキーファクターに、ジョブ型雇用のこれからを注視したいと思います。
ラベル:雇用
posted by ネット田中 at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月13日

企業価値の測り方

企業価値の測り方は、、

計算方法について診断士試験で問われました。15年前の受験時ですが、

株の市場価格、資産で、収益率の3つと答えた記憶があります。

テスラの企業価値がトヨタを超え、SDGsに取組む企業の価値が高くなります。

世界トップ番付では、GAFAMをトップ群にデジタル企業が並んでいますね。

昨日の記事で、コングロマリット・ディスカウントという言葉が目につきました。

コングロマリットは複合企業、ディスカウントは値引かれる、、

いろんな事業を一つの企業でやると低く見積られるらしい。

GEが会社分割、東芝も計画を発表しました。この2つ本当に仲良い。

今も別々の事業会社に分かれていますが、株を持ち合わない完全分割です。

過去珍しいことだそうで、これからの傾向になるのかなと思ったしだいです。

企業価値の測り方も時代を反映するんでしょうね。
ラベル:診断士 企業
posted by ネット田中 at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

45歳定年制でアジャイル社会

システム開発手法にアジャイル型があります。

小さく開発、テストを繰り返して完成に導く手法ですが、

真逆のウォーターフォール型は、要件定義、設計、開発、テストと一気通貫で進める手法です。

コロナ禍を経験して、社会もアジャイル型に方向転換すべきとの主張が経済同友会の会合でありました。

先の見えない社会、失敗を繰り返しながらも方向転換していく。

柔軟な点もそうですが、素早いという利点が大きいと言う。

人材についても、

定年を45歳にすれば、30代、20代でみんな勉強し、自分の人生を自分で考えるようになる。

雇用の従来モデルから脱却して、定年退職の年齢を45歳に引き下げ、個人は会社に頼らない。

今現在の日本社会では転職のチャンスでもあり、雇用の流動化も促せるとのこと。

コロナ禍を契機として、社会、企業と働き方が変わりつつあることは実感もあります。

アジャイルで失敗を許容しつつ、とにかくすばやく動こうという呼びかけでした。



ラベル:雇用 定年
posted by ネット田中 at 08:37| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

業務委託という働き方

働き方改革が進まない?昨今ですが、

選択肢に業務委託という働き方もあるかと。

正社員は、会社と雇用契約を結びますが、

定年後、又は独立を考えて会社を辞めるなら、業務委託契約もありかと思います。

雇用契約を一旦解消し、今やっている会社の仕事を請けるという形で再契約をするのです。

雇用者と被雇用者という主従関係から、取引先という対等な契約関係に切り替わります。

こうすれば自由な立場を勝ち取りつつ、現在こなしている仕事を継続することで一定の安定収入を維持することができます。

会社がOKしないだろうと、早合点するのは間違い。

そういう実例が無い会社でも、ちゃんと話せば分かってもらえる可能性大なのです。

会社にとって不利な点が無く、むしろ大きな利点があるからです。

例えば、月給と同じ50万円で業務委託契約を結ぶと、社会保険や福利厚生にかかる費用を抑えられます。

従業員との関係を流動化し、固定費の変動費化できるんですね。

コロナ禍で密な接触が避けられ、営業スタイルもオンライン利用などに代わってきています。

業務委託契約で再スタートする友人にエールを送りたいと思います。

ラベル:働き方 定年
posted by ネット田中 at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

働き方改革と残業時間

働き方改革法の施行で残業時間が厳しく制限されました。

その一つ、残業時間が月60時間を超えると割増率が50%に。

この残業時間は、法定労働時間を超える時間となります。

法定労働時間は、1日8時間、週40時間で、これを超える労働時間は違法。

違法を回避するために、36協定を結んで割増賃金を支払います。

会社の就業規則で定める労働時間は、所定労働時間と言って法定労働時間を下回る時間を設定します。

例えば、1日7.5時間、週38.5時間と言った具合に。

残業代は、法定を超えると必須で割増賃金を支払いますが、所定時間を超えれば残業代を支払っているケースも見られます。

しかも、法定の割増率を超えて支払うケースもあります。

中小企業事業者は、2023年から割増率50%になりますので、今から、勤怠管理には十分注意が必要です。

この8月、人事院が給与の勧告とあわせて、公務員人事管理に関する報告が公表されました。

これが例年と違い、働き方改革に踏み込んだ内容となっています。

不妊治療休暇や、男性非常勤職員むけの配偶者出産休暇・育児休暇を新設。

そして、残業時間を客観的に計り、ちゃんと残業代を払う。

霞が関の働き方改革宣言のようです。

官民合わせて、これからが本格改革となります。
posted by ネット田中 at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

診断士の屋号

個人事業主でも、「屋号」をつけますね。

私も診断士として開業時に、いろいろ考えて屋号をつけました。

屋号は商号とか社名とかいろいろな呼び方がされますが、手続きや費用が必要なのか、、

答えを先に言えば、屋号を名乗るのに、特に手続きは必要ありません。

ただ、長年使い慣れて、地域内やその業界などで認知されるようになれば、他人に真似されたり紛らわしい屋号が有れば問題ですね。

また、屋号は、自分の固有の名前と同じくらい愛着も湧くものです。

個人事業主の場合は、開業届をする時に「屋号」を記す欄がありますので記入するだけでOK。

株式会社などの法人を設立する場合は、登記時に屋号を決める必要があります。

法人を設立すれば、自動的に屋号(商号)が登記されます。

個人事業主の場合は、「商号登記」をすることになります。

登記費用で3万円ほどかかりますが、診断士で登記する人は見かけません。

レアな職業なので、同一市町村区内で同一事業目的で屋号が被ることはないですからね。

診断士の屋号で多いのは、、

名前+経営コンサルタントオフィス

これは自身の経験則ですが、

ちなみに、私は、

TANAKA経営デザインオフィスとしました。
ラベル:診断士 屋号
posted by ネット田中 at 19:07| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

SDGsを語ろう

税理士向け月刊誌に1月から新連載がスタートします。

税理士さんが顧問先の事業者にどう助言するか、

そういう視点で執筆していますが、そのテーマがSDGs。

虹色のカラフルなバッジを目にした方も多いかと。

ご存じのように、国連が「社会課題解決に向けて一人も取り残さない」を旗頭に

17のゴールと細分化した169のターゲットを決めました。

日本の取り組み事情はどうでしょうか。

実感で言うと、認知度は、まだまだのように思えます。

地球温暖化や貧困などが、中小企業事業者にとって遠い存在なのでしょうね。

CSRの延長のような印象を持たれることも。

トヨタが100年に一度の大転換期だと警鐘を鳴らすのも、その意味をSDGsが語っています。

それをどう連載記事にするのか、思案しつつ、また現場意見を聞きつつ進めています。

連載は、事業者が中小企業診断士に質問し、それに答える形式で進み、1月から12月までの全12回。

いろんな方とSDGsを語ろうと思います。
posted by ネット田中 at 10:55| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

フェルミ推定で自頭力強化

仮説や推定を積み重ねて、おおよその数値を計算する方法を『フェルミ推定』と言います。

昔、マイクロソフトの入社試験で「世界にピアノ調律師は何人いるでしょうか?」の問題、

google検索しても答えにたどり着きませんね。

ベースになる情報を拾いながら、推定していくのですが、

これって日本では、『地頭力』という言い方で、本も流行りましたね。

もともとは、イタリア生まれのノーベル物理学者フェルミ博士が、

亡命先のアメリカの大学で学生に出した問題が発祥だとか。

この考え自体は、ビジネス分野では、もともとよく使われていました。

一見つかみどころが無い問題でも、論理的に仮定を組み立てていくと解答にたどりつく。

記憶力が頭の良さの尺度としてきた、日本の教育にも影響あるかなと。

現在、ある商材のプロモーション計画を練っています。

新しいサービスなので需要が見えない、、見つからない、、

関係情報を収集しつつ、フェルミ推定で答えを探索中です。

地頭力を駆使して。
ラベル:診断士 ビジネス
posted by ネット田中 at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

GoToEateで1000円の壁

GoToEate が始まりました。

悪さをする人がいたため、早々、低額の商品に規制をかけましたね。

お昼ごはんで500円、夕食で1000円が還元され(ポイントで)次回に使用する。

でも、私好みのラーメン店では、1000円を超えるお品が無いんです。

提供価格の決め方って、コスト志向、需要志向、競争価格、心理価格の4パターンあると言われています。

ラーメン店では、心理価格の影響が大きくて、なかなか大胆な価格設定がしづらい。

これは、いろんなラーメン店主がチャレンジした結果に出ていて、

具材を多くして価格を少し上げたとたん、売上げがガクンと落ちたという例をたくさん見てきました。

そこから、ラーメンは、昔から1000円の壁があると言われていました。

有名店でチャレンジもありますが、まだまだな感が。

袋麺、カップ麺、専門店から社員食堂までラーメンのすそ野は広く、上にもう一段伸びしろが、

GoToEate で1000円の壁を突破する良い機会になればと思うのです。
ラベル:診断士 飲食
posted by ネット田中 at 11:29| 東京 ☔| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

開業の第一歩は屋号から

さて、開業に向けて屋号を決めよう。

診断士が名乗る屋号、

将来にわたって使い続けるには、どのような手続きや費用が必要なのか。

地域内やその業界などで認知されるようになればと考えると、良い屋号にしようと頭をひねるわけで、

また、長年使い慣れれば、自分の固有の名前と同じくらい愛着も湧くものですね。

屋号を名乗るのに、特に手続きは必要なく、個人事業主の場合は、開業届を出す時に「屋号」の欄に記入するだけです。

診断士でも、株式会社などの法人を設立する場合は、登記時に屋号を決める必要があります。

法人を設立すれば、自動的に屋号(商号)が登記されます。

個人事業主の場合は、「商号登記」をすることになりますが、独立診断士で商号登記までする人は、あまり見かけません。

もし、登記するなら登記費用が3万円ほどかかりますが、ご自分で登記をしてもよし、面倒であれば行政書士に依頼するのもよし。

登録された屋号(商号)は、同一の市町村区内において、同一の事業目的での他人の同一の屋号(商号)を排除することができます。

注意が必要なのは、逆も真なりで、長年の創業にもかかわらず、商号登記しなかったばかりに、他人が先に登記されてしまうケースがあります。

独立診断士では、まず、あり得ませんが、看板を掲げて営業する業種(パン屋さん、美容院、、飲食店など)は注意した方が良さそうです。

紛らわしいので止めろと言っても後の祭りなので、くれぐれもご注意ください。(わざと登記する輩も)

屋号を決める時、国が提供する無料の特許検索サービスで同じものがあるか試してみてください。簡単ですので。

ちなみに、中小企業診断士の屋号ですが、自分の名前を屋号の一部につける方が多いように見受けます。

田中秀文中小企業診断士事務所、田中経営デザイン、田中経営研究所と言った具合です。

さて、皆さんは、どんな屋号を付けますか。
ラベル:診断士 屋号
posted by ネット田中 at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

キャシュレス決済手数料の行方

キャッシュレス導入をお手伝いしています。

お店にとって一番の悩みは決済手数料です。

手数料は売上金額にかかるので10万円の売上げなら、3%とすると3千円に。

そんなものかと思うかもしれませんが、

小規模小売店の営業利益率が5%あれば良い方なので3%は非常に大きいのです。

なぜ、こんなに高いのかと。

白羽の矢にたったのがNTTデータ決済サービスCAFIS。

CAFIS(キャフィス)は、クレジット端末と金融会社を繋ぐ巨大インフラサービスです。

公正取引委員会の報告書に独占的地位の疑いありとの微妙なニュースがありました。

現在、月10億トランザクション、少額取引ほど高くなる構造もこれ事実とか。

トランザクション手数料の見直しを行うそうでCAFIS単価が下がるのか注目です。

とは言うものの、

こちらは待っていられないので、QRコード決済で進めようかと思案中です。


posted by ネット田中 at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

クラウドキッチン

中小企業診断士の友人から新しいサービスの紹介を受け使ってみようかと。

ハンバーガーをウーバーイーツでお取り寄せ。

これは、あたりまえになりましたが、何やら、クラウドキッチンという、新しいビジネスモデルが登場しています。

飲食スペースを持たない、宅配専用のお店。

バーチャルレストランとも呼ぶそうで、デリバリーアプリの普及に合わせ、調理に専念する業態が実現可能になったんですね。

これ飲食サービス開業を目指す人の選択肢にもなります。

特に不動産価格が高い都市部で開業するメリットは多きいかと。

時間でキッチンスペースを借りて営業するので効率はとても良いですね。

決めた日時だけ開店し、自分なりのコンセプトを込めることも。

開業に当たっては、商品以外に、プロモーションがキーかなと思うのです。

デリバリーアプリに集客を完全に依存してしまうと、価格交渉力が弱くなってしまうから。

この業態、どれだけ大きく成長していくのか、見守りたいと思います。

では、さっそく紹介のお店に。

posted by ネット田中 at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

QRコード決済の今後

先日、パン屋さんとオンラインミーティング。

製造設備購入についての打合せでしたが、キャッシュレス決済のお話に。

こちらでは、悩んだすえにキャッシュレス決済の導入を見送っていました。

ポイントは、手数料と入金タームです。

売上高に数%の手数料は大きいですよね。

さらに、入金が翌月1か月後になると、キャッシュフローが厳しい。(こちらでは、これが一番苦しい)

そんななかでの、コロナ禍。

非接触を進める意味で導入を決断し、選んだのがQRコード決済です。

店舗でQRコードを表示し、お客様側のスマホアプリで読みとっていただきます。

そこで、どこのPayにするかです。

今後の勝ち組のPayにするのが得策だとは思うのですが、多すぎて悩んでしまいますね。

違った視点でお勧めしたのが、スーパーアプリ充実度です。

決済用のPayから様々なアプリが利用できる。

今日の日経新聞紙面に、あるPay事業者のブランド統一の記事を見つけました。

〇Pay銀行、〇Pay証券、〇Pay保険、〇Payモール、、、そうか、もうこんなにあったんだ。

こちらのお店ですが、〇Pay銀行の法人口座を開設中です。

この口座を利用すると、翌日入金。

関心事は、来年9月までの手数料0円が、以降、幾らになるか。

QRコード決済の今後、この手数料が流れを決定付けそうです。

いかがでしょうか。

・・・・

私自身も意識してQRコード決済を使っています。

とても簡単便利。

あと、よく行くマクドナルドで扱ってくれればな。
posted by ネット田中 at 11:01| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

バックキャスティング思考

経営デザインシートを題材にした連載記事とSDGsを題材にした連載企画提案書を書いています。

これら両テーマの共通項としては、バックキャスティング思考で進められていること。

現状からの積み上げでは無く、あるべき姿(ありたい姿)から逆に思考する方法ですが、

ケネディが月に人類を。アポロ計画がまさに、この思考法です。

1969年に白黒テレビで月に降り立つ人の映像がうっすら記憶にあります。

10年足らずでやり遂げたんですね。

いま、日本でこの思考法が注目されている?(私はそう思い込んでいる)のは、何か突き抜けない閉塞感が意識にあるのかな。

フォアキャスティングのように現状からの積み上げが長らく日本のお得意だったのですが。

それが、あちこちでイノベーションのジレンマに見舞われていて、、

たとえば、今流行りのキャッシュレス決済でも、発展途上国がショートカットして、同等かそれ以上になっている事実。

このバックキャスティング思考でビッグピクチャを描き、実現に向けての移行戦略に、お得意のカイゼンが加わればと思うのです。

自分自身の整理のために、メリット・デメリットを書いてみます。

メリット

・長期的な課題、正解がすぐ見つからないものに向いている

・自由な発想で前向きに取り組める

・目先の利害関係を超えたパートナーシップも築くことができる(これ大事かなと)

デメリット

・短期的なアクションプランには向いていない

・実施困難なものもある

・継続するモチベーション維持が難しい

中小企業事業者の皆さんに、バックキャスティング思考のススメ。

いかがでしょうか。
posted by ネット田中 at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする