2009年07月22日

解散ネーミング

衆議院が21日解散され、総選挙日程が8月18日公示8月30日投開票に決定しました。

先の小泉解散は、郵政解散、総理祖父の時は、バカヤロー解散と、ネーミングされましたね。

ところで、今回の解散は、まだ、定着したネーミングがありません。

ちまたには、バカタロー解散とか、イアイヤ解散、ブレブレ解散、政権選択解散、、、などなど面白いネーミング候補が上がっています。

ネーミングは、企業においても、ブランディングの最重要事項で、様々な要素を加味して決定されるそうです。

企業では、イメージが最優先されますが、政治の世界では、納得感かな、と思うのです。

なるほど、と思わせ、確かに、と思わせるネーミングです。

ここ1、2週間で、いくつかの新聞紙上で、そろりと、掲載されて、一点に定着するのです。

これも、総選挙前の一つの国民投票という感じがします。

私は、どこのメディアが最初に言いだすのか、選挙を違う目で、楽しんでいます。

ラベル:診断士 政治 資格
posted by ネット田中 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

姪っ子の就職戦線

ゴールデンウィークは家族を連れて大阪の実家に帰省しました。

両親、兄弟、姪、甥を合わせ総勢16名が集まり、わいわい食事をしながら楽しい時間を過ごしました。

ところで、一番年長の姪っ子が大学4年生で就職活動まっただ中です。

話を聴くと、内定が1社で会計事務所、本命の銀行では内定に至っていないとのことです。

どうしても、赤ちゃんの頃から見てきたせいか、上から目線で見てしまうせいか、頼りなくもあり、おっと思うようなシッカリした一面も見せます。

この年代は、その未完成なところが、また、魅力なんですね。

おじちゃん(私)からのアドバイスは、「会社に人生を預けるな」です。

間違いなく(私の思い込みですよ)終身雇用制度は終焉を迎えます。

社会認知度の高い、立派な会社を選ぶより、自分を高めてくれる会社を選んでほしいと思います。

時代は、会社の名前で仕事をする時代から、個人の能力が試される時代と確信するからです。
posted by ネット田中 at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

阿修羅

小顔でスリム、ちょっと夏目雅子さんに似ている美人です。

この(人)は阿修羅像なのです。

上野の東京国立博物館で国宝阿修羅展が盛況に開催されています。

文化には全く疎い私ですが、阿修羅像に魅了されました。

阿修羅はスリムで美人ながら、実は戦いの神様だとか。

「修羅場」という言葉がありますが、語源はこの阿修羅の戦いの姿から来ているそうです。

この興福寺の阿修羅像を見ると想像もつきません。

むしろ、優しく静かに諭すような、なんとも言えない表情なのです。

この阿修羅展6月頃まで開催されておりますので、ゴールデンウィークにでもご覧下さい。

きっと心に響くものがありますよ。
ラベル:日記 文化
posted by ネット田中 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

努力は報われる?

今日の記事は最近起こった出来事の感想を書きます。

真面目で努力家の部下が徹夜残業して分厚いレポートを作りました。

駄目な点を指摘し作り直しを指示すると「一所懸命努力したのに」となり、指摘の仕方も誤ると極端にモチベーションを下げるんですね。

企業内ではよくある話だと思います。

『努力は報われる』とよく世間一般に言われますが、報われないことも多いのです。

どんな努力も一瞬にして消えてしまう時があるのです。

どうやら『努力は報われる』の本当の意味を間違って信じた人は『努力』の基準を自分の主観に置く傾向があるように思えます。

報われない現実を前向きに受け入れ、それでも淡々と努力を続ける人は本当の努力家です。

たとえば、努力が報われなかったけど、思い切って休暇を取り、もう一度、努力を続ける気力を戻せたならば、その休暇をとった事こそが最高の努力だと思うのです。

『努力を続けられる人はいつかは報われる』と私は信じています。

皆さんはどう思われますか?
posted by ネット田中 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ゆず湯

今日は、私の家族の日記です。

日曜の夕方、大型スーパーに行くと、柚子(ゆず)が大量に売られているではないですか。

わたくしてきには、ゆずは、薬味?鍋にポンズに少し?としての利用かな?

でも、女房いわく、今日のお風呂は、ゆず湯にします。キッパリ!

今日は、1年でもっとも夜がいちばん長くなる冬至(とうじ)12月21日です。

冬至にゆず湯の風呂に入ると、『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。

スーパーでは、ゆず1個が98円なり。当然に、わたくし大反対しました。

お風呂に入れるには、最低でも3個?(全く根拠ありません)
合計300円です! 今日は、別府の湯の粉にしようよ。訴えます。

結局、返りの商店街で3個パック150円のゆずを買いました。

生まれてはじめての、ゆず湯を子供たちと体験しました。

はっきり言います。すごく良いのです!

ゆずの香り(一坪タイプの湯船に3個入れました)がとてもリラックス感を与え、汗ダラダラ、体がホカホカです。

風呂場では、わたくし、冬至とは。。とのウンチクを長々と子供に聞かせていました。

ちなみに、なぜ冬至にゆず湯なのかというと、「冬至」に「湯治(とうじ)」がかけられています。

また、「柚子(ゆず)」だけに「融通(ゆうずう)が利く(きく)ように」という願いがこめられていると言われています。

もちろん、柚子(ゆず)がこの時期に旬を迎えることにもよります。

柚子の精油成分には、蜜柑の皮と同じく血行を促進させる働きがあり、風呂に入れると身体を芯から温めます。

新陳代謝も活発になるので、疲れや痛みもとれ、冷え性にも効果があります。

ゆず湯は、日ごとに厳しくなる寒さに備えるための冬のお風呂なのですね。

皆さんもゆず湯でお風邪などひかぬようご自愛ください。

では!
posted by ネット田中 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

セレンディピティ

セレンディピティとは、偶然におこった事象をとらえて幸運に変える能力を言います。

もともとが、おとぎ話からきた造語serendipityからきています。

強引に日本語に訳す?と幸運偶然発見能力となるのかな。ピッタリでないとしても近い意味にはなると思います。

ここで注意は、能力であること。発見した幸運そのものではありません。

ですから、よく、セレンディピティの高い人、低い人という言い方をします。

セレンディピティの高い人の事例では科学分野で、そのエピソードに事欠きません。

今年のノーベル賞に日本の科学者4名が受賞しました。

かのノーベルに有名なエピソードがあります。

不安定な液体爆発物のニトログリセリンを安定化させようと日夜研究するがうまくいかない。ある日、ニトロ保存容器に穴が開いて、漏れているのに気づきました。これは大失態でした。
でも、漏れたニトロは周囲の珪藻土に含くまれて固まっていたのです。
これがダイナマイトの起源ということです。

大失態から偶然に幸運を発見したんですね。

では、セレンディピティを高めるにはどうしたらよいか。

いろんな関連書籍がありますが、私なりの答えは、身近に尊敬する人を真似る事です。

たとえば、営業職の方で、尊敬できる上司や先輩がいたら、その行動や習慣を真似てはいかがでしょうか。

すこし、コンピテンシー理論に相通ずるのもがあると思います。


posted by ネット田中 at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

赤ちょうちん

ダイエットに悩む方に朗報です。

青色が食欲抑制に効果があるのをご存知でしょうか。

その根拠は、もともと、人間の味覚は、五感で感じ取っています。

その中で、意外にも、舌で感じる味覚は1%なのです。

ほんとかよ。と、つっこまれそうですが、なんと視覚からの情報が87%で最も高く、聴覚7%、触覚3%、臭覚2%となるそうです。

そこで、売り出されたダイエット商品が、青色メガネに青色テーブルクロス、青色お弁当箱など。

青色は脳が鎮静化されて過剰な食欲を抑制しダイエットに効果があります。

また、青い果実(果実が渋い)、腐った食べ物は青く変色する。など、私たちの脳には、青いは、毒性の強い物とインプットされています。

これが、青が食欲を抑えるメカニズムです。

ところで、逆に食欲を高める色はなんだと思いますか?

赤なのです。

どうりで、赤ちょうちんに釣られて、暖簾をくぐることが多いのに合点がいきました。
posted by ネット田中 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

駅メロ

取引先からの帰りの電車の中、つい、うとうと眠っていたら、エビスビールのコマーシャルソングで目を覚ましました。

着メロならぬ駅メロでJR山手線の恵比寿駅です。

この駅メロですが私鉄も含め各駅で増えているそうです。

当然、駅名やその土地にちなんだ駅メロが流れてきます。

横浜駅は、いしだあゆみさんのブルーライトヨコハマ(古い〜と指摘された方は中高年の方ですね。若い方はこの曲をしらないのでは?)

JR蒲田駅では蒲田行進曲が流れています。

京急が横須賀中央駅の駅メロを公募したところ、半数以上のダントツ1位の曲がありました。

なんだと思いますか?

はい、山口百恵さんの横須賀ストーリーです。

昔にくらべ現在の駅の環境は、すばらしく改善されたと思うのは私だけでしょうか。

はやく自宅最寄り駅にも駅メロが流れないか期待したいと思います。
ラベル:診断士 駅メロ
posted by ネット田中 at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

おくりびと

親族の葬儀がありました。

告別式への参列や式のお手伝いは数え切れないくらい経験しました。

近しい親族で、病院での死亡からはじまり、告別式までの一連の流れで携わったのは初めてです。

病院から自宅へ、自宅で葬儀担当者と打合せ。

菩提寺、親類、友人への連絡。

納棺式。

お通夜、告別式、初七日法要、精進落し。

あっと言う間の数日間でした。

今公開中の「おくりびと」という映画をご存知でしょうか。

納棺式に自宅で死化粧をします。

そのお手伝いをされる方を「おくりびと」と呼ぶそうです。

親族がお別れに際して最も近しく触れ合う大事なお仕事ですね。

死への意味を少し考えさせられました。





posted by ネット田中 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

子供神輿

地域の自治会で夏祭りの行事の子供神輿を行ないました。

我が家も地区当番の組長となっていますので、裏方さんとして、参加しています。

小さな子供が神輿を担いで姿は、微笑ましく、夏らしい行事ですね。

少子化と言われながらも、200人近くの子供が参加しました。

ところで、神輿ってなんでしょう?

ちょっと、調べて見ました。

神輿とは神社から氏子の町内へ移動させる乗り物だそうです。

ちなみに、氏子とは、氏神が地域の神様で、氏子が地域の住民となります。

つまり、神輿には、氏神様が乗っていて、氏子の町を練り歩いて、街を清めていただくという行事となります。

ついでに、山車(だし:大阪岸和田では、だんじり、と読みます)とは違いがあります。

山車では、氏子が乗ります。氏神ではありません。

山車は、神様の通り道を清める乗り物です。

昨年、新聞でも話題になった、浅草三社祭りですが、神輿に人が乗って神輿を壊したとか。

氏神様のバチがあたりますよ。

↓↓ランキングにご協力ください。どれでもおひとつ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格

人気ブログランキングへ





posted by ネット田中 at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

土用の丑ですね。

24日は、土用の丑ということで、お昼に、奮発して、うなぎの蒲焼を食べました。

ただ、例年より高いですね。

うな重の並にしましたが、お吸い物がついて、¥1,500也。

毎度の昼食には、とてもとても。口に入りません。

今年の特徴は、産地偽装による、国産うなぎの高騰です。

馴染みの店でしたので、大将に聞くと、国産うなぎが、思うように入荷しないとのことです。

外国産(例えば台湾産など)でも、旨くて、安全に管理された、うなぎも多くて問題ないとのこと。(だから、どれが安全管理されているのか。わからん!つっこみです)

でも、たしかに、国産が○で、外国産は無条件に×とは、あまりに理不尽です。 

また、国産の高騰は、大手流通小売業者が買いあさっているのが一因とか。

少なくとも、日本人の消費量の2割しか国産の生産量がないのです。

うなぎを召し上がりながら、今日は、日本の食料問題を議論してはいかがでしょうか?

↓↓ランキングにご協力ください。どれでもおひとつ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格

人気ブログランキングへ


posted by ネット田中 at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

仙台出張の楽しみ

仙台に日帰り出張しました。

出張の楽しみは、何と言っても、食べ物です。

仙台では、牛タンが有名ですが、さっぱりした物、ということで、冷やし中華を食べました。

実は、冷やし中華は日本の仙台が発祥だそうです。

中華というくらいだから、中国料理かなと思う方も多いかと思いますが、日本のざるそばをヒントに考案されたそうです。

発祥の地だけあって、これが実に旨い!

仙台藩は伊達正宗の地。仙台の冷やし中華は伊達じゃない。といったところでしょうか。

お立ち寄りの際は、是非お試しください。

↓↓ランキングにご協力ください。どれでもおひとつ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格

人気ブログランキングへ




posted by ネット田中 at 08:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

映画「ビューティフル・マインド」

ビデオで「ビューティフル・マインド」を見ました。

ラッセルクロウ主演の名作中の名作です。

主人公のジョン・ナッシュ博士は、実在の人物でノーベル賞受賞の数学者です。

経済学のゲーム理論では、この博士の名をとったナッシュ均衡が有名ですね。

ナッシュ均衡の状態の説明では、囚人のジレンマがあります。

二人の囚人がいて、二人とも白状しないと二人とも釈放、一方が白状して片方が白状しないと、片方が有罪となり、両方白状すると、両方有罪、さて囚人はどうするでしょうか?

相手の行動を想像しながらジレンマに陥るのです。

ナッシュ均衡は、一言で言うと、今の戦略を変更しない!です。

現実の政治や経済で、しばしば出てきます。

核を持った国は、相手が廃棄しない限り、廃棄しません。
結局、囚人のジレンマで、お互い廃棄しないという選択を維持します。

値下げをした会社に追随して値下げをした他社は、値上げをしません。
囚人のジレンマで、お互い値下げした価格を維持します。

ネットの応援コミュニティも同様と言えそうです。

多少のバックグラウンドを知った上で、この映画をご鑑賞下さい。

とにかく、必見の一作です。

↓↓ランキングにご協力ください。どれでもおひとつ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格

人気ブログランキングへ






posted by ネット田中 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

『大阪改革の行方』通天閣を見て感じた事

以前の連休の話ですが家族で実家の大阪に帰省しました。

毎年1回は帰省していますので大阪や近県の名所は、ほとんど行きました。

今回は特に計画が無く、ふと、新世界の通天閣を見に行きました。

コテコテ号という無料バスに乗って、新世界の通天閣に到着、ボランティアのガイドのおっちゃんが30分で街を案内してくれます。

昔、私が幼い頃は、少し危ないデンジャラスな街でしたが、スッカリ観光地として定着し外国人の観光客も多く見られました。

ビリケンさんと呼ばれるアメリカ渡りの幸福の神様の足をなでなでし、名物串かつを食べました。

ボランティアのおっちゃん(ご本人がおっちゃんと呼んで下さいと言います)の案内で最後に訪れたのが、廃墟のテーマパークなんです。

鉄筋の重厚で広大な建物内にジェットコースターまであるんです!

廃墟とは言いすぎじゃないか。と怒る方は是非行って見てください。

人がいないのです。店が殆ど閉まっているのです。

おっちゃんの言葉が印象的なんです。

この新世界の街に誰もこの建物は望んでいませんでした。

強く望んだのは、政治家と業者だけです。

維持費だけで年間数億円、壊すこともできません。

最近、メッキリ日雇い労働者の方が減ったそうです。

観光地化されて、綺麗になり過ぎて、場違いと敬遠すのだそうです。

大阪府知事が改革の旗印を揚げて死に物狂いで頑張っています。

手法の是非は別にしても応援したい気持ちになります。

最後に、通天閣ですが、真下にマクドナルド店がありました。

これも時代の流れでしょうか。

↓↓ 少しでもお役に立ちましたらランキングにご協力ください。 どれでもおひとつ ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 






posted by ネット田中 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

恐怖も時には大切!

今日プレゼンテーションをしました。

何回、数百回、経験しても緊張します。

言葉を変えれば恐怖です。

恐怖という言葉に良いイメージはありませんね。

災害の恐怖!
リストラの恐怖!
病気の恐怖!
悪意のコメントの恐怖!
・・・・
恐怖にも、いろいろな次元と種類があると思います。

その種類に応じて、耐えるべきか?折り合いをつけるべきか?使い分けが必要です。

恐怖は、人の成長の源となる場合もあると思います。

昼間のプレゼンの恐怖は耐えました。

今晩の夕食はメタボの恐怖と折り合いをつけて焼肉にしようと思います。

↓↓ 少しでもお役に立ちましたらランキングにご協力ください。 どれでもおひとつ ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 

posted by ネット田中 at 18:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

たばこ1000円!買います?

とかく喫煙者には厳しい世の中となりました。

ちなみに、私も愛煙家ですが、先々日の5月31日は世界禁煙デーでした。

日本財団の笹川会長は『たばこ1箱を千円に!』という運動を始めたそうです。

禁煙者が増えても大幅な税収増になり、医療費の抑制にもなって良いことづくめだそうです。

当然、猛反発が予想されますが、今の流れは反対派に若干分が悪そうな状況です。

一番の反対派の急先鋒が面白いんですね。愛煙家の団体かと思えば、なんと日本タバコだそうです。
そりゃそうだ、死活問題ですからね。

ちなみに、私はキッパリ止めます。いや、止めざるを得ません。

愛煙家の貴方はどうしますか?

↓↓↓ 少しでもお役に立ちましたらランキングにご協力ください。 どれでもおひとつ ↓↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 



posted by ネット田中 at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

『名ばかり管理職』の衝撃

今日の新聞各紙で大手ファーストフード企業の店長への残業代支払いの表明が一面をかざりました。

この問題は今や社会問題化しており、私もこの経過は注視していましたので、これで、今後の企業の雇用形態は様変わりするだろうなと、衝撃すら受けたのが実感です。

世論は、新聞やニュースでも店長側に同情的な風潮ですね。

その是非はともかく、『店長は管理監督者ではない。』
これには、異議あり!です。

このケース、店長には、間違いなく、指揮命令する部下がいますね。

世の中の企業で大手企業を含め、部下のいない管理職がどれほどいると思いますか?

本来、賃金闘争として争うべき内容を、『名ばかり管理職』としての残業代闘争になったことがお互いに不幸に思います。

役職手当がなくなって、残業手当は増える。結果イーブンでしょうか?

まず、管理監督者でない店長が誰からどういう形で残業命令を受けるのか?
非常に興味ありです。

事前に残業申請をだしての残業なんて難しいのでは。サービス業ならなおされですよね。

どう思いますか?

にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 
posted by ネット田中 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

さすが診断士!?

昨日の日曜日に妻からガス暖房機を仕舞う前に修理を頼まれました。

ほこりが詰っているようで、東京ガスのエネスタに電話すると分解掃除が必要(買ってまだ2年ですよ!)で、持ち込み料金が\8400とのことです。

それなら俺がやる!
その代りお小遣い\5000よこせ。ということで妻と無事契約成立。契約金額は\1000で妥結しました。

1〜2時間ほど、かかって掃除完了。フィルター警告サインも点滅せず、試験運転もOKとなりました。

それを見ていた小学1年の息子が手を叩いて叫んだ言葉が、『お父さん さすが診断士!』

普段から子供には、診断士は、困っている人のために、診断をして直してあげる専門家と説明しています。

本当の意味で、さすが診断士、と呼ばれる自分になりたいと、あらためて思ったしだいです。

!!注意!!ガス暖房機の分解掃除は大変危険です!!絶対厳禁です!!
実は、私も分解するふりをしながら前面パネルを外して掃除機で吸引しただけです。妻には内緒ですが。

にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 


posted by ネット田中 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

【体験談】診断士も老眼に

40歳後半の年代になり、近視に加え老眼が入り始め、遠近両用メガネをつけましたが、これが相性が悪く、矯正手術の決断をしました。

ご興味のある方はお読み下さい。

御茶ノ水駅すぐそばの井上眼科レーシックセンターという病院で手術を行ないました。

初回目は、適応検査で2時間くらい、視力測定や目の病気の検査など手術可能かどうかの検査を受けます。

手術の方法から、手術によるリスクについて、これでもか。。というぐらい、シツコク(違った丁寧にですね。。)説明を受けます。

わからないことや疑問な点はどんどん質問しましょう!

私も一つ質問しました。
適応検査不可の項目で精神疾患、目の病気なら当然なのですが なぜ?

これも興味深い回答でして、精神疾患(例えば うつ病)は、統計的に目の手術による満足度が低いそうなんです。
それは、総じて生真面目な人が多く、手術による回復の期待度が大きいがゆえに、期待とのギャップで満足度低下に繋がるそうです。
これは、目という人間の感覚に係わる、個性や感じ方の違いによるものです。

つまり、今より良けりゃいいんじゃない。と考えている人ほど満足感が高いということです。

適応検査は健康保険がきいて¥3,000くらいでした。

無事、適応検査に合格し2ヵ月後(大体2ヶ月先まで予約がうまっているそうです)に手術を行ないました。

手術日前日に最終検査。検査と問診で待ち時間含め1時間くらい。

手術当日 怖いかな。。 痛いかな。。 と不安をいだきながら手術開始。 20分くらいだったと思います。 無事成功。 あっという間に終わりました。
正直、怖くもなければ、痛くも痒くもありませんでした。

帰りはメガネをはずし防護グラスをかけて帰宅しました。

手術翌日 術後検査 良好 裸眼で左1.2 右1.0 でした。

手術1週間後 術後検査 良好 裸眼で左1.2 右1.2 でした。

手術1ヵ月後 術後検査 良好 裸眼で左1.2 右1.2 でした。

次回以降は、3ヵ月後 6ヵ月後 12ヶ月後 の 検査ですべて終了予定です。

ちなみに、私の場合は、40後半の年齢で老眼が入っていたので、先生と相談の上、目標視力を、あえて1.2に設定しました。

最後に 私の感想を端的に申し上げますと、周りの世界がバラ色に見えます。

9月には、家内がレーシックス手術を受けます。

紹介者の名前を言うと手術費用20万円(両眼)が2万円割引の18万円となります。

私の場合は、すべて結果良しでしたが、必ずリスクもありますので、くれぐれもご注意下さい。

にほんブログ村 資格ブログへ
↑↑↑ 少しでも参考になりましたらワンクリック ブログランキングにご協力を!






ラベル:レーシック
posted by ネット田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

診断士資格取得にかかった費用

私の経験と、診断士仲間の話を交えてお話します。

私は診断士資格取得に延べ4年かかりました。

寝る間も惜しんで、家族にも迷惑をかけ、真剣に勉強したんですが4年もかかってしまいました。

単純に頭が悪いんですね。

初年度受験は独学で挑戦! かかった費用は、書籍代と模擬試験代で3〜5万円程度でした。

結果は、見事に1次試験で落選

2年目は、一発奮起し、マンパワーという大手資格受験校で通学コースを選択。

かかった費用は、追加試験や特別講義代を含め25万円くらい。

この年の受験では、1次試験合格、2次試験不合格となりました。

3年目は、受験校で2次試験対策の答案練習コース受講して、念願の2次試験に合格できました。

かかった費用は10万円くらいだったと記憶しています。

合計すると約40万円くらいとなります。

他の診断士仲間の話を聞いても、おおそそ同じくらいの費用がかかっているそうです。

まれなケースでは、通信教育で1発合格とい方もいました。このケースでは、TOTAL15万円くらいかな?

もう一つ、中小企業大学校で診断士資格をとった仲間がおります。

受験校で知り合った仲間ですが、たまたま3名も大学校から資格取得しました。

2人は、信用金庫勤務者で、全額勤務先負担です。従って0円!

しかも1年間の寮費と給与も支給されました。

羨ましいかぎりです。

もう一人が自腹です。このケースでは、百数十万円?(<-確かではありませんので注意!本人が口を割らないので)かかると思われます。

当然ここに書きました費用は、実体験費用でして、一般的平均費用ではありません。

また、受験勉強に要した時間を費用換算しますと。。。あ〜 恐ろしいや〜です。
ラベル:診断士 受験 資格
posted by ネット田中 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする