2008年05月31日

M&Aとデューディリジェンス

中小企業の事業承継でM&Aを選択するケースが増えています。

M&Aというと外資系企業や大手企業の間で多く行なわれていると思いがちですが、実際は中小企業の間でも盛んに行なわれています。

ご存知のように、M&Aとは、合併(Merger)と買収(Acquisition)の頭文字で会社そのものの売り買いと理解されていますが、事業承継の選択肢としては、後継者がいなかったり、従業員の雇用維持を考えた場合に、有効な方法と言えます。

M&Aのプロセスの中で重要なポイントにデューディリジェンスがあります。

デューディリジェンスとは、買い手企業が、対象となる売り手企業の法務面、財務面や事業面など、様々な面からチェックし精査を行なうことを言います。

例えば財務諸表に表れない簿外債務が無いかとか、回収不能または困難な不良債権が無いか、など、細かくチェックします。

ところで、このデューディリジェンス、買い手企業の一方的な審査ではなく、売り手企業も積極的に協力し、間違っても不実の申告をしないよう気をつける必要があります。契約後に訴訟問題に発展しかねないからです。

↓↓↓ 少しでもお役に立ちましたらランキングにご協力ください。 どれでもおひとつ ↓↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 






posted by ネット田中 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック