2008年05月24日

QC活動にも残業代

先日の大手ファーストフード店の店長への残業代支払いの衝撃につづいて、タイミング良く?今度は、最大手自動車メーカのQC活動への残業代支払いの件が大きく報道されました。

一方は、店長が事業監督者か否かが焦点でしたが、今回は、本来、自主的な小集団活動が業務か否かが焦点となります。

また、前者は、裁判により争われましたが、後者は、メーカの自主判断で残業代が支払われる結果となりました。

共通して言えるのは、労使双方の考え方が、ドライ?又は合理的になったと言えます。

この二つの残業代論争、最も影響を受けるのは、中小企業事業者でしょう。

大手しかも超がつく大手企業のこの傾向は、時間を追って、他の企業にも広まることは必至です。

ところで、診断士の目から見ると、QC活動の残業代支払いに大きな疑問難題があります。

もともと、非公式な小集団活動であるQC活動ですが、そもそも会社はその活動を把握できているのでしょうか?
大手メーカでは、数千の活動実態があると言われています。

また、QC活動が残業代として認められるのなら、その他の活動(労使懇談会、研究会、etc)は、どうなるのでしょうか?

いづれも、結局は業務範囲としての線引きが課題と言えそうです。

↓↓↓宜しければランキングにご協力ください
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 
posted by ネット田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック