2008年05月21日

『実力主義』は結果主義ではありません!

昇給のための人事考課の季節となりました。

先週、社内の人事委員会で人事考課の説明を行なったのですが、

能力主義と実力主義、それに成果主義が混同して話されているのに気づきました。

○○君は能力があるから××君より評価を上げよう。。という発言。

はて、では、勉強して能力を高めれば給料は上がるんですね?と質問すると、
それは〜 となります。

勉強して能力が評価されるなら、学者が一番評価が高くなりますね。

能力主義は、潜在化した能力。実力主義は、顕在化した能力と思うのです。

ところで、成果主義ですが、

あの人は、この商談を成約しました。従って、成果主義により高評価!
営業は数字で実績がでるから、評価しやすいですね! となります。

これ本当に正しいの?

営業プロセスを例えれば
案件発見 → 調査と課題サーベイ → 提案と見積 → 受注 
とします。

私は、各プロセス毎の成果で評価をします。もちろん最終成果も大事ですよ。

少なくとも 成果主義 = 結果主義 とは思わないのですが。
いかがでしょうか?

にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 

posted by ネット田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック