2008年05月10日

ゼネラリストか?スペシャリストか?

診断士資格者がプロコンサルタントに転じた場合、経営全般のゼネラリストを目指すか、または、自分の専門性を定義して、その分野のスペシャリスを目指すかは、悩ましい問題ですね。

先輩診断士の方のお話を聞きますと、おおむね意見が一致するのは、自分の得意分野や業種は、絞り込んだ方が良いそうです。

やはり、その分野でのスペシャリストとして、自分のコアコンピタンスを確立して、裾野を徐々に広げるのが得策のようです。

ただし、あまりに狭い範囲で自分の専門性を定義しないことも注意点です。

あまりに狭い範囲(市場性という意味で)で特化したスペシャリストを目指すと、仕事という面ではうまくいかないそうです。

例えば本当にあった事例で『商品のラッピング』のスペシャリスト!

私には、結構、おもしろそう。と思うのですが、診断士活動では現在あまり引き合いが無いそうです。

にほんブログ村 資格ブログへ
↑↑↑ 少しでも参考になりましたらワンクリック ブログランキングにご協力を!



posted by ネット田中 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック