2008年04月29日

企業内診断士の所属会社の傾向

診断士仲間の名刺を整理しました。

名刺ホルダー2冊分にもなっており、正確には数えておりませんが200名以上にはなります。

あくまで、私のお付き合いのある診断士仲間でいうと、所属会社の第1位は金融機関関係者です。

都市銀行、証券会社、生損保などです。

もう一つの傾向が1部上場の大手企業出身者が約半数以上ということです。

話をよく聞いてみると、会社から具体的な支援(学習補助金や取得時の特典など)があることに起因するのかな? と思うところがあります。

確かに大手企業では、診断士にかぎらず資格取得の支援に前向きな会社が多いですね。

その中で、診断協会の会員の先輩で、会社の理解が得られず、診断士取得後、早々に独立したそうです。

その方の勤めていた会社は、誰もが知っている超大手外資系コンサル会社でした。

支援どころか全くの無理解で、むしろ最大の障害となったそうです。

どの会社に勤めようが、やはり、会社からの理解あるなしは、資格取得の大きな壁として関係するそうです。

にほんブログ村 資格ブログへ
↑↑↑ 少しでも参考になりましたらワンクリック ブログランキングにご協力を!


posted by ネット田中 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック