2008年04月27日

独占業務の無い診断士資格は損?

よく診断士の資格は独占業務が無いので損! 

どうせ取るなら独占業務がある社労士とか税理士とか行政書士etcがお得だよ。との声があります。

確かにプロとして独立した場合には独占業務はそれなりに魅力です。

ある診断士資格と社労士資格のダブル資格を持つ女性プロコンサルタントに
どちらが主の業務ですか?と毎度ぶしつけに質問しました。

答えはあっさり診断士です。とのことです。

なぜ?とあえて突っ込むと診断士としての仕事のほうが数段儲かるからです。

これまた明快な回答を笑顔でいただきました。

独占業務の範囲の中で仕事をするならば、高収入は目指せないとのことです。

社労士の資格は一つの得意分野ぐらいに伺えて、企業の広範な経営課題に応えられることが自分の目標としているとのことです。

さすが!先輩

なるほどと感心したしだいです。






posted by ネット田中 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック