2023年02月17日

リカレント教育のお値段

リカレント教育は、社会に出た後にも教育を受けて仕事と教育を繰り返すこと。

最近では、国を挙げて後押ししていますね。

仕事を休まず学び直すスタイルも含まれていて、社会人の学び直しとも呼ばています。

中小企業診断士の資格取得もこの学び直しに入るかと。

実際に診断士合格者の8割が企業勤務者です。

このリカレント教育にも当然ながらお金がかかります。

例えば、診断士資格、私の経験と診断士仲間の話を交えてお話します。

私は診断士資格取得に延べ4年かかりました。

家族にも迷惑をかけ、真剣に勉強したんですが4年もかかってしまいました。
初年度受験は独学で挑戦!かかった費用は書籍代と模擬試験代で3〜5万円程度。

結果は見事に1次試験で落選。

2年目は一発奮起しマンパワーという大手資格受験校で通学コースを選択。

かかった費用は追加試験や特別講義代を含め25万円くらい。

この年の受験では、1次試験合格、2次試験不合格となりました。

3年目は受験校で2次試験対策の答案練習コース受講して念願の2次試験に合格。

かかった費用は10万円くらいだったと。

合計すると約40万円くらいとなります。

他の診断士仲間の話を聞いても、おおそそ同じくらいの費用がかかっているそうです。

通信教育で1発合格とい方もいましたが、このケースでTOTAL15万円くらいかな?

もう一つ、中小企業大学校で診断士資格をとった仲間がおります。

受験校で知り合った仲間ですが、たまたま3名も大学校から資格取得しました。

2人は、信用金庫勤務者で全額勤務先負担です。従って0円!

しかも1年間の寮費と給与も支給とのことで、羨ましいかぎり。

もう一人が自腹です。このケースでは、百数十万円?
(確かではありませんので注意!本人が口を割らないので)かかると思う。

当然ここに書きました費用は、実体験費用で一般的平均費用ではありません。

また、受験勉強に要した時間を費用換算しますと。。。あ〜 恐ろしいや〜です。

現実問題、お金がかかるリカレント教育ですが、

国や自治体などで各種給付金など助成制度が用意されています。

なりたい目標に向かって、制度をうまく活用されることをお勧めします。

ラベル:診断士 教育
posted by ネット田中 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック