2020年11月29日

診断士の開業届

企業内診断士が独立開業するとき、開業届を提出します。

今は出向かなくても出せますが、一度きりなので税務署に赴くのも良いかと。

意外と職業欄で悩んだりしますが、私は中小企業診断士と書きました。

主要な収入の中身によっては、執筆や講演、Web開発など、選びようがありますが、

こだわるのは、税率が異なるからなんですね。

副業または兼業で出さないという方もいますが、

青色申告で65万円の控除や法人用銀行口座が開設できますので開業届はお勧め。

屋号付きの銀行口座を作成すると、事業所得と家計支出を分けることができて、クレジットカードを紐づければ会計ソフトとも連携させられます。

診断士独立を目指されている方は、まだ走りはじめでも、開業届は、心の区切りにもなりますので、是非に。
ラベル:診断士 開業
posted by ネット田中 at 10:21| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: