2020年10月25日

クラウドファンディングで中小企業支援

クラウドファンディングをテーマにしたセミナー講師を予定しています。

コロナ禍にあって、なんとか9月くらいから会場でのセミナーが徐々に行われていて、

今回は、クラウドファンディングをテーマにしました。

そこには思いがあり、

日銀短観では、景気の底は脱したようにも言っていますが、現場感では、まだまだで、特に中小企業事業者の資金繰りは、かなり厳しい。

もちろん、無利子融資や各種補助金などの政策は打たれていますが、企業の成長を左右する新規開発資金は、尚更です。

その活路として、私は、クラウドファンディングを提案しています。

これは、事業などに必要なお金をネットで募り、集まったお金で作った新商品やお礼の品をお返しする仕組みで、

返済不要なお金を集められるのが魅力ですが、実はそれ以外のメリットも、

その一つが、マーケティングでのデータ活用。

新商品開発のお金を募れば、その反応やレビューから、価格感、売れそうな個数や人気の色など、貴重なデータとなります。

もう一つは、ファンづくり。

商品の魅力を知ってもらえれば、継続して買ってくれる顧客を増やせるのです。

そして三つ目が、銀行融資による資金調達。

これらの計画や実績は、銀行融資を受けるのに効果的です。

ネットに載せる紹介文や設計などの手間や労力に躊躇される事業者もあるかと思いますが、

もし、想定資金に達しなくても、そのメリットは大きいのです。

ただ、実施しようにも、ITが不慣れで踏み出せない高齢の事業者も多いのが実情で、

そういった事業者の方に、中小企業診断士が支援者となって進められればと思うのです。
posted by ネット田中 at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: