2019年06月08日

年金不足2000万円

政府が叩かれていますね。

金融庁が老後30年間で2000万円不足するとの発表です。

もともと年金100年安心とうたっていたのに手のひら返しかとの批判です。

これって唐突に出た話では無くて、5年に1度の年金制度の検証時期に来ているんですね。

前回の年金制度改正から想定より少子高齢化がさらに進み(想定内との意見も)対応が必要としています。

具体的には、パート労働者の加入、受給開始年齢の70歳超への先延ばし、加入期間の上限引き上げなどを検討するそうです。

野党に言わせれば、まずは、100年安心と言った責任を取れとのこと。

そうは言っても、危ないものは危ないとして、モデルケースとして2000万円不足するとしたのには、一定の意味はあると思います。

年内に案を取りまとめ、来年の通常国会に提出とのストーリーですが、前向きにな議論を望みます。

自分だけ良ければ、30年安心ぐらいで良いのですが、子供たちの将来を考えると、そうは言ってられませんから。
ラベル:診断士 年金
posted by ネット田中 at 09:17| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: