2019年05月04日

お宝探しのデータ解析

IoTやAIなどでデータ解析が大流行りです。

ものづくり産業界では、特に顕著で、自社製品の故障予兆に躍起になっているように見受けられます。

ただ、故障の予兆だと見つけた時、意外とそんなものなの、と。

エレベータの故障予兆でのお話です。

エレベータが最も故障しやすいのは、頻繁に停止するエントランス階(通常1階)の位置にある部品類です。

このデータ解析のお陰で、定期点検回数を半減させたということです。

でも、これって人間の知見でも分かりそうなことで、知ってしまえば、それまでなんですね。

データ解析がお宝さがしと言われる所以です。

データ解析を否定するわけではありませんが、匠の人間業も大事にしたいと思うのです。

いかがでしょうか。
posted by ネット田中 at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: