2019年03月02日

サブスクリプションモデル

サブスクリプションモデルは、定額利用サービスとも言われ、わかりやすいのが、音楽の定額利用サービスです。

月何回ダウンロードしても、定額数百円ですと人気ですね。

このサブスクリプションモデルですが、音楽ダウンロードサービスだけではなく、新しいビジネスモデルとして広がりを見せています。

先月の東京ビッグサイトで開かれた、ものづくりAI/IoT展でも、サービス購入費いくらではなくて、月額利用課金が見受けられました。

個々の展示パネルに表記しているケースは少なかったのですが、個別に、価格をについて質問をすると、このサブスクリプションモデルを利用していました。

購入する側は、大きな額の初期購入費用を準備することなく、定額でサービスを利用できるのですから、ハードルがさがって購入しやすいですね。

このモデルですが、当然に売る側にもメリットがあります。

その中で一番のメリットは利用データが得られる点です。

購入者の利用データを更にマーケティングに利用するのです。

デジタルマーケティングとよく言われますが、ここにも、その事例を見ることができます。

データを得るものが顧客を得る。

サブスクリプションモデルは、その一例とも言えそうです。
posted by ネット田中 at 12:01| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士のIT情報システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: