2018年12月02日

おひとり様職場

おひとり様職場が増えているようです。

個業化とも呼ぶそうですが、ITが普及し、パソコンを使っての仕事があたりまえになると、仕事は細分化・分業化されていきます。

上場企業のような大企業にも見られる現象です。

ITは、業務効率を飛躍的に向上させましたが、反面、社員間での対面のコミュニケーションは減少していきます。

よく笑い話で、隣の席の同僚にもメールで会話なんてことも。でも、実際あるんですね。

こうやって、ITを使った分業で個業化が進み、おひとり様職場が登場するわけです。

また、定形的な仕事がアウトソーシングされ、働き方改革でテレワークが進むと、ますます個業化を後押しするわけです。

分業と個業化は、さまざまな問題を抱えます。

仕事を1人で抱えることになり、ストレスが高まり、分担した仕事の境界業務(はざまの業務)については誰もカバーしようとしません。

自分の業務のことだけ考え、支援や助け合いがない個人プレーヤーの集まりと化した職場になります。

おひとり様職場になるのを避けるには、チームとしての意識付けや協働の関係を構築する取り組みが必要です。

協働の必要性を伝え続け、分業と個業化という現状について、マネジャーと職場のメンバーが対話を通してともに考えながら見直していく必要があります。

おひとり様職場。あなたの職場にもありませんか。

他のグループメンバーの仕事内容がわからない。

一日誰とも会話せず、自席で一人昼飯を食べている姿を見つけたら、もう赤信号かもしれません。
ラベル:診断士 会社 職場
posted by ネット田中 at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: