2018年03月16日

ダブルライセンス

診断協会に所属する会員の6割超が企業内と言われるぐらい、中小企業診断士という資格は、企業内(サラリーマン)に人気の資格のようです。

また、私の周りの企業内診断士仲間を見ると、診断士以外の資格を持っている方が実に多いんですね。

ダブルライセンスは、あたりまえ、難関資格をいくつも持っている方もいます。

診断士資格以外は、会社業務に関連する資格を取得している方が多く、いわゆる、資格マニアとはチョット違うようです。

この方々の共通点は、ものすごく忙しいのです。

多忙を理由にして資格チャレンジを断念する人がいますが、これも、断念理由にはあたらないと思います。

診断士のダブルライセンスのベスト3は、行政書士、社会保険労務士、IT系資格(たくさんあるので)でしょうか。

でも、難関資格をとっても、ちょっとも役にたっていないと、なげく方が多いのも事実です。

診断士でも、いっぱい、そういう方がいます。

診断協会に入って活動するでもなく、関連する活動も一切しないんですね。

よく言われることですが、資格取得は、ゴールではなくスタートと心得るべきです。

くれぐれも、資格ならぬ死格にならぬよう願いたいものです。
ラベル:診断士 資格
posted by ネット田中 at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: