2017年10月22日

事業承継とM&A

昨日、城西コンサルタントグループの会合で日本M&Aセンターから講師をまねき中小企業の後継者問題とマッチングビジネスについてお話しいただきました。

後継者問題は地方の問題かと言うと、そうではなく、後継者不在率は全国平均で66%に対し、神奈川、大阪が72%、東京でも68%で平均を上回っています。

中小企業の経営者年齢の分布を見ても、現在の平均が66歳、このまま推移すると2030年には、中心年齢がなんと80歳となり、男性の平均寿命とほぼ同じになります。

日本の中小企業が無くなりはしないかと危機感を覚えますね。

後継者対策で理想的な形としては、親族内事業承継ですが、核家族化が進み価値観が多様化するなかでは、なかなか簡単ではなさそうです。

そこで次の選択肢として注目されるのがM&Aという手法です。

これを主導するマッチングビジネスは、大手企業を中心に着実に増えてきていますが、いま、注目されているのが中小企業です。

年商1億円程度の企業であっても、譲受希望企業とのマッチングを行うための工夫が見られ、以下に効率よく行うかが成功の鍵となります。

面白いなと感じたのが、Webを使ったマッチングで、ちょうど不動産の仲介のような仕組みを取り入れて効率化されています。

従業員と顧客を抱える黒字企業の廃業は、日本経済の大きな損失ですね。

中小企業診断士のお仕事にも事業承継に係るケースが多くなったと聞きますが、親族や従業員への事業承継と合わせて、M&Aも選択肢に加えてはと思いました。

それは、経営者のハッピーリタイアのためだけでなく、従業員や顧客、さまざまなステークホルダーのためにも仲介ビジネスが活況になり、事業承継の後押しになればと願います。

こんなところにも超高齢化社会の現実が訪れているんですね。
posted by ネット田中 at 11:29| 東京 ☔| Comment(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: