2017年08月26日

サラリーマンと読書

読書が趣味というサラリーマンは多いと思います。

私も大好きなのですが、読書タイムというと、それぞれ生活環境によって違いがあるように思います。

私は断然、通勤電車の中が読書場となっていますが、周りを見るとスマホを見入っている人の多いこと。

2年前に、地方へ単身赴任していた際には、夕食後から就寝前が断然多かったのですが、これは、通勤電車の乗車時間が約10分となり、帰宅後、食事を終えるとやることがなくなるからです。

やはり、独り身の気軽さでしょうか、単身赴任も満更ではないと思ったものです。

次に読書本のジャンルなのですが、私は、断然ミステリー小説が多いです。

また、年末近くになると、このミスや文春などでミステリーランキングが発表されるので、ランキングの上位から順番に未読の本を読みあさるのが習慣となっています。

ところで、まわりの診断士仲間を見ると、ほんとに読書家が多いと思います。

月50冊という強者もいたりして、共通するのは、図書館をうまく利用しているようです。

今やシステム化が進んでいて、人気本や話題本は、早め早めにネット予約するのがポイント、、専門書なんかも簡単検索できます。

私の場合は、住まいの自治体を含め3か所に図書館カードを登録しています。(居住区でなくてもOKの自治体は多いですよ)

皆様もライフスタイルに合わせて賢く読書をお楽しみください。
posted by ネット田中 at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: