2017年06月05日

人手不足危機

人手不足が問題となっています。

それらしいニュースは、ちらほらありますが実感が無いとのことで、あまり騒がれていません。

昨日の日曜日にマクドナルドを訪れた体験をお話します。

17号バイパス沿いの、その店舗は普段でも、やはり混雑店です。

お昼るピークを過ぎた午後1時頃に訪れると、店内では、ぐるっと一周する混雑。

しかも、店の席はガラガラで半数ちかく空席です。どうしたのと、ささやきが聞こえます。

これ。このマクドナルドの店舗では、店員がいないんです!!

受付レジは3つですが、一つのレジで対応しています。

並んで注文するまで40分かかりましたが、よく我慢したなと思います。まわりも意外とへいきな状態でパニックにもならず過ぎ去りました。

40分並んで感じたこと。この店員は、スーパーマン(パーソン)ですね。

複雑なオーダーを聞きつつ、クレームも対応し、イレギュラーなむちゃぶりにも応じ、すごい!!

診断士目線では、この待ち時間ものすごく勉強になりました。(でなければ帰るよ)

人手不足、特に、サービス業ですが、もう限界かなと思う場面にでくわした次第です。

無策な(言いすぎかな?)経営者、神対応の店員、この店の皆様に敬意を表したいと思います。

経営3流、人財1流の日本。

どうしましょうか。
ラベル:診断士 経済 雇用
posted by ネット田中 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック