2017年05月01日

新宿末廣亭に大満足

今日は家内と二人で新宿末廣亭に足を運びました。

平日ですが、ゴールデンウィークということもあって、ほぼ満席でした。

11時前くらいの早めに並んだおかげで、前列のいい席をキープ、持ち込んだ弁当を食べながら、中入りまでの
約3時間、じっくり楽しみました。

本当にあきがこないですね。

落語の合間に入る色物と呼ばれるコントや漫談が、また、これが良いんです。

話が替わりますが、余市会ってご存知でしょうか。

末廣亭では、ひと月を10日毎に区切って上席、中席、下席と演目を変えるんですね。

そこに31日は、どうするかというと余市会と言って特別演目があるんですが、これだけは、事前予約ができるそうです。

前に並んでた人が、予約のキップを買っていましたが、ここは競争率が高そう?な感じ。

時間さえあれば、昼夜入れ替えなしで一日中楽しめます。

落語には、そんなに興味無い。

よくわからない。

という初めての方。

絶対楽しめると思いますので、一度、足を運んではいかがでしょうか。

IMG_0501.jpg
ラベル:寄席 日本文化
posted by ネット田中 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック