2016年08月13日

ものづくり企業の復活願う

私は大阪市出身なので阿倍野に本社があったシャープに強い親近感があります。

私が30数年前に地元大学を卒業した時も多くの同級生がシャープに就職しました。

日本が右肩上がりの成長時代とはいえ、シャープや松下電器(現パナソニック)などに就職するメンバーは皆さん優秀な学生さんだったのを記憶しています。

新聞の記事で鴻海精密工業がシャープ買収手続き完了したとのことです。債務超過の中、いつ出資金が払われるのか気になっていましたが、親会社となった鴻海主導の再建がスタートしました。

グローバル経済とは言いつくされてきましたが、目の前で、日本の伝統企業が買収されていく姿には、やはり寂しい思いをいだきます。

シャープに限らず、あちこちで苦戦がしいられる日本のものづくり企業の復活を願いたいと思います。
ラベル:買収 M&A
posted by ネット田中 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック