2015年05月06日

政府の創業支援対策

アベノミクスの成長戦略を反映してか、中小企業および小規模事業者向けの創業支援に係る補助金が創設されています。

例えば、創業・第二創業促進補助金というのがあって、創業に係る費用を最大200万円まで補助してくれます。

会社組織にしなくても個人事業主でも申請が可能なので起業をお考えの方は申し込まない手は無いと思うのです。

もちろん、補助金を受けるためには、様式に従って、経営計画等の提出を行い、審査の上、補助金交付の決定を受けることになります。

めんどくさい。。。と思われる方へ

物は考えようです。

自分が作ったビジネスプランを審査してくれるわけですから、創業成功に向けてリトマス試験と思えば、もし、交付決定に至らなくてもチャレンジは決して無駄になりません。

また、商工会議所などの認定支援機関の支援を受けることも条件となっていますから、必然的に専門家のアドバイスも得られるのです。

長らく廃業率が開業率を上回る逆転現象が続く中、派手では無いけど、着実な良い制度だと思います。

第一弾の公募はすでに終了していますが、今後も続くとのことで、起業をお考えの方は是非トライをお勧めします。

昨今の株高や大企業中心に企業業績が回復している中、今一歩、景況感に実感が湧かないのは、案外、多様な起業者の創出に鍵があるのではと考えます。

いかがでしょうか。
posted by ネット田中 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック