2012年01月28日

オリンパス内部通報者に人権侵害

なにかと話題のオリンパスが、また、やってくれました。

東京弁護士会はオリンパス社内で内部通報窓口を利用した社員に重大な人権侵害があったとして警告書を出しました。

日本には、内部告発を促す、内部告発制度(公益通報者保護法)が2006年に施行されています。

以前に、このブログにも記事にしましたのでご参考にご覧ください。

http://shindansi.seesaa.net/article/107404744.html?1252151168

しかし、日本の制度実態は、寂しいかぎりですね。

公益通報者保護法は良い法律でも、企業への厳しい罰則がないかぎり、実質、機能しないのが明らかです。

しかも、今回のオリンパス事件では、社外にではなく、自社のコンプライアンス部署に通報して、社内で見せしめとして閑職に追いやるのですから、陰湿な体質を物語っています。

オリンパス社内にコンプライアンス部署を置いていても、社外向けのポーズに過ぎないのは明らかですね。

今日の新聞紙面の片隅に掲載された記事です。

憤りを感じたのは、多分、私だけではないと思います。






ラベル:診断士 企業 法律
posted by ネット田中 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック