2010年12月11日

NICES(ナイセス)

12月8日の日経新聞でNICES(ナイセス)が発表されました。

NICES(ナイセス)は、企業を取り巻く、投資家などの様々なステークホルダーに着目してそれぞれの観点から企業を分析し、総合ランキングを作る企業評価の仕組みです。

もっと簡単に言うと、企業の業績や働きやすさを評価するシステムと言えます。

日本経済新聞社グループが開発したもので、1000点満点で企業を評価し2010年4月に初めて発表しましたランキングなのです。

「NICES」は、

N:Nikkei(日経)
I:Ivestor(投資家)
C:Consumer(消費者・取引先)
E:Employee(従業員)
S:Society(社会)

の略称ということです。

気になるランキング(上位10社)は下記の通りです。

1 キヤノン  880
2 ホンダ  868
3 武田薬品工業  861
4 NTTドコモ  857
5 KDDI  851
6 資生堂  832
7 パナソニック  831
8 コマツ  827
9 東芝 825
10 アサヒビール  818

堂々たる上場企業ばかりですね。

ちなみに、自分の勤める会社は何位かな?

ランキング外ということで、複雑ですが、やっぱりという納得感があるのです。
ラベル:診断士 資格 企業
posted by ネット田中 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック