2010年06月12日

ヤーキースとドットソンの法則

アメリカの心理学者のロバート・ヤーキースとJ・D・ドットソンが、ねずみを使った実験で発見した法則を紹介します。

実験では、ねずみに黒と白の目印を区別するように訓練し、ねずみが間違えると電気ショックを流すというものでした。

それで何が分かったかと言うと、電気ショックの程度が強まるに従って正答率が増したのです。

そして、更に強めると正答率が低下しました。

つまり、電気ショックの程度が適度な時にねずみは最も早く区別を学習し、逆に電気ショックが弱すぎたり強すぎたりすると、学習に支障が出ることが分かったのです。

この結果は後に人間に応用され、私たちが実力を発揮するには、適度な緊張(刺激)が必要だということを表しています。

私自身、今でこそ人前でのプレゼンテーションで、あがる、ことがなくなりましたが、若かりし頃は、緊張で声がうわずったり、混乱して支離滅裂になったこともありました。

これは、自分の実力が、その行為の緊張感に耐えうるほど熟していなかったのです。

練習を重ねていけば、緊張感に耐えうるレベルに達して、あがり、を克服できます。

適度な刺激かどうかは、行う内容の難易度によって変わります。

課題が易しい場合は高い刺激で臨む方が良いし、課題が難しい場合は刺激が低い状態(わゆるリラックスした状態)で臨む方がパフォーマンスを発揮しやすいのです。

この法則を参考に、ご自分の傾向を観察してみて、自己管理やパフォーマンス向上に活かしてみてはいかがでしょうか。

posted by ネット田中 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック