2010年01月30日

協会活動日記

ここ数週間は診断士協会関連の活動が多かったのです。

活動のご参考にとそのうちの2つをご紹介します。

先週の土曜日が、東京支部城西支会のニューイヤーフェスタがありました。

50周年記念パーティーもあるとのことで、これは行かねばと参加しました。

場所は、中野サンプラザ、恒例で記念講演があるのですが、毎回、この講演がなかなか面白いのです。

テーマや講演者の選択が良いのでしょうね。

城西支会研修部がアレンジするのですが、たいしたもんだと感心するしだいです。

ちなみに、今回のテーマはアパレル・リサイクルです。

講演者もその種の関係団体の理事長だったと記憶しています。

環境をテーマとした講演は最近の世相を反映して多いですね。

アパレル(繊維業界)業界ならではの事情も興味深く、とても良い勉強になりました。

講演後に、50周年功労者表彰式と懇親パーティーとつづいたわけです。

でも、50周年ってすごいですね。

私の生まれる前に発足したのですから。

新井診断協会会長のスピーチも興味深い内容でした。

新井会長は城西支会のご出身で、支会発足の頃は会員が十数名。

一人でも欠けると成り立たないので全員を強制的に役員にしたとの笑い話がありました。

それが、今や約500名を超える会員数ですから、先陣の先輩諸氏には敬意をはらいたいと、つくづく思うのです。

次にもう一つだけ協会活動をお話します。

企業内診断士と協会東京支部幹部との懇談会がありました。

中村支部長の発案とかで、6支会各2名の計12名が集まり、企業内診断士と東京支部幹部との意見交換を行いました。

実はあまり知られていない事実なんですが、協会会員の約6〜7割が企業内診断士なんですね。

協会側から見ても企業内診断士会員の意見を反映した運営を考慮したいのでしょう。

東京支部の前向きな取り組みに感謝したいと思います。

さて、企業内診断士の協会への要望事項No1はなんだと思います。

年間会費5万円の減額です。

もちろん、正確な統計があるわけではないので、No1とは大げさかもしれません。

でも、避けて通れない課題であることは間違いないようです。



posted by ネット田中 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック