2009年11月23日

所得制限

子供手当に所得制限を設けるか?

今、議論の的になっていますね。

お金持ちには必要ないとの意見が多数ですが、私もその意見には賛成です。

ただ、問題なのは、誰がお金持ちかなんです。

サラリーマンは分かりやすいですね。源泉徴収されていますから、ほぼ100%所得を把握されています。

問題は、自営業者となります。

所得の捕捉率が50%切っているんですから異常と言えそうです。

家族で食事をしても、領収書をもらって、経費で落とすなんてことは?

絶対いけないことですが、ほぼ常識になっています。

ようは、公平でないというのが、所得制限を躊躇させる原因になっています。

以前も書きましたが、納税番号制を導入して、捕捉率を高めるのが一番だと思うのですが。

どうやら、この納税番号制度ですが、後ろめたい政治家や富裕者が一番反対しているのです。

posted by ネット田中 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック