2009年09月26日

障害者雇用[更新研修受講感想]

中小企業診断士の21年度理論政策更新研修を受講しました。

理論研修は、年1回更新要件として法令で義務付けられています。

診断協会で通常受講しますが、今年は民間委託の講習を受講しました。

お決まりの、中小企業白書が1時間あり、本題のテーマが「障害者を雇用する中小企業」というテーマです。

法律では、企業は常用従業員の1.8%にあたる人数の障害者を雇用する義務があります。

義務ですから、罰則もあり、欠ける人数に対して5万円徴収されます。

1000人の企業ならば、18人の雇用義務があるんですね。

現在の対象企業は、大企業になっていますが、来年7月からは、従業員200人以上の企業への義務付けに拡大されます。

一番の感想は、障害者を雇うとうことは、職場とは、どうあるべきか、と真剣に考えるキッカケにると感じました。

多様な人が、共に働くとはどういことか?

直面して気づくことも多いと思います。

会社の中に障害のある人があたりまえのような会社、あたりまえに社会に存在するよう願いたいと思います。

ラベル:診断士 資格 雇用
posted by ネット田中 at 19:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴職のような中小企業診断士の方がいらっしゃることに勇気付けられました。

私は診断士の資格取得を目指して勉強中の者ですが、将来的には障害者雇用を促進できるような診断士になれればと考えております。

今後のご活躍を祈念しております。
Posted by 鳥井 静夫 at 2009年12月21日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック