2009年09月04日

特別国会に四苦八苦

お父さん!特別国会って何?

テレビを見ていて娘に突然質問されました。

ここは、お父さんの威厳の見せ所で、特別国会は選挙の後、すぐに開かれる国会。

そこで、新しい総理大臣を決めるんだ。

じゃ、総理大臣や他の大臣はいつから交代するの?

うっ絶句。

多分、投票して確か任命式があってそれから、、、ごちゃごちゃと誤魔化しました。

そこで、これじゃいかんと少し調べました。

まず、国会には3つあって、毎年1月に開会する通常国会、必要な都度に臨時で開かれる臨時国会、そして、最後は、総選挙の後に開かれるのが特別国会です。

特別国会の議題は、まさしく、首相(および議長)を決めるのが目的です。

衆議院と参議院の多数決で決まりますが、これは、両議院で指名されたとして、形式的には天皇が任命して、最終決定となります。

特別国会開催日の開会前に、現行の内閣は総辞職しますので、理屈から言えば、瞬間的には内閣不在の時間があるんですね。

聞かれるまで、意外と知らなかった国会事情でした。



ラベル:診断士 政治 資格
posted by ネット田中 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック