2009年06月25日

「電子手形」中小企業と資金繰り

手形を電子化した電子債券取引が、いよいよ今年8月にもスタートしそうです。

このブログでも昨年の記事に取り上げました。(以下のURLをご参考に)

http://shindansi.seesaa.net/article/107205177.html?1245930379

手形自体、昨今、特にサラリーマンには、あまり馴染みがありませんね。

それもそのはずで、昨年の手形取扱高が430兆円、1990年が4800兆円ですから約10分の1以下まで縮小したのです。

さて、その最大の理由は何だと思いますか?

はい、銀行振込機能が急速に整備されたからです。

でも、手形は、もう必要ないかと言うと、そうでもなく、とても重要な役割があるのです。

それが中小企業の資金繰り問題です。

手形(正確には約束手形)は、銀行に持ち込むと割引手形として現金を受け取れるのです。(手形を担保にした融資と思ってください)

3か月後に現金振り込みを受ける場合と、90日後決済の約束手形を受けた場合では手形は、資金繰りが大変な場合、銀行に割引いて現金化できるのです。

また、手形を自分の支払先に裏書きして回す(支払にあてる)こともできます。

企業間の資金決済にはとても便利な点が多くあるのです。

ただ、紛失、盗難、偽造などの難点もあり、先の電子手形となったわけです。

お金の循環は、人間の血液に例えられます。

まさしく、中小企業問題に必ず上げらるのが、資金繰り問題なのです。

それを少しでも和らげるためにも、電子債券取引の普及を期待したいと思います。
posted by ネット田中 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック