2009年06月05日

キャラクタービジネス

出張先の徳島空港でリラックマのキャラクターグッズをお土産に買いました。

会社の新人女性社員がリラックマのご当地版携帯ストラップを集めているんです。

物が売れない時代にあって、キャラクターをうまく使って、お徳感やレア感をだす、キャラクタービジネスが活況とのことです。

なんでもない普通の幕の内弁当の箱にドラエモン弁当と書いてあれば、つい手がでそうですね。

こんなキャラクターの版権料(ロイヤリティ)は高そうに見えますが意外と安いのです。

使用料は、おおむね、固定料金(一時金)と売り上げに応じて支払うロイヤリティの2本建てです。

ロイヤリティの料率が1〜2%で、千円の品物を売って10円〜20円程度です。

でも、人気キャラクターで何億になるとバカにはなりませんね。

こんなキャラクタービジネスにも問題があり、その極めつけは、不正使用、無断使用の問題です。

特に海外で知的財産権の概念が定着していない新興国に多いようです。

人気キャラクターと酷似したり、堂々と、そのまま使用したり、やりたいほうだいの感じがします。

日本ではアニメ文化が進んでおりアニメキャラクターが多いようです。

いまや、キャラクターは一種のブランドなんでしょうね。

ところで、徳島空港で買ったリラックマですが、うどんドンブリを両手で抱えています。

高知の讃岐うどんがモチーフ。

どうして徳島で売っているの?


posted by ネット田中 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 診断士の国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

リラックマ wii
Excerpt: 「リラックマ wii」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
Weblog: リラックマ wii
Tracked: 2009-06-06 06:11