2009年06月03日

憧れの在宅勤務

就業形態も昔と様変わりしています。

その極めつけが在宅勤務です。

意外と導入が進んでいて、国土交通省の調査によるとテレワーク人口は全労働人口の15%を超えたとしています。

在宅勤務は、うまく運用できれば労使の両方にメリットがあるのです。

従業員は、通勤(痛勤)に苦しまなくてすみ、育児や介護を抱える家庭では、仕事の両立をしやすくできます。

会社にとっても、仕事に集中できて能率が上がれば業績にも好影響、また、職場スペースや通勤手当のコスト抑制も図れます。

こういったメリットのある在宅勤務制度ですが、2000年前後からインターネット普及が後押しした感があります。

業種も、IT関連企業や外資系企業が多いようです。

ただ、チームで行なう作業や労働時間の管理には一工夫が必要となります。

チームで行なう作業では、週2,3日を在宅で、残りは、やはり会社で集まって行ないます。

労働時間については、みなし労働時間制をとるか、管理者に開始と終了を通知する方法の二通りがあるようです。

いづれにしても、この在宅勤務は、管理されなくても、サボらず、自己管理がキチットできる人でなければなりません。

このあたりは、成果主義をとる外資系企業なんかは、自己責任でわりきってしまっているようです。

でも、世のサラリーマンにとっては、憧れの在宅勤務ではないでしょうか。
posted by ネット田中 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック