2009年05月16日

ツイッター

ツイッター(Twitter)なるものが流行り出しています。

これって何だと思いますか?

ネットの新しいコミュニケーション・サービスなんです。

早速試してみました。

ネット上のサービスと言えば、メール、SNS、ブログ、チャットなどが利用されていますね。

その次に登場したのが、このツイッターなのです。

ツイッターはブログに似た機能を持つので、マイクロブログとも呼ばれることもあります。

とてもシンプルな機能で文章も最大140文字までの短文しか送れません。

この短文を(つぶやき)と呼んでおり、実際の使い方も、只今帰宅とか食事中とか、普段のつぶやきを短文で記録します。

従来のサービスは重いとか更新にプレッシャーやストレスを感じる人が、このサービスを利用しているそうです。

ツイッターの独特な機能がフォローという機能です。

読みたい人の、つぶやき、をフォローしておけば、自動的につぶやきを受信できるのです。

恋人同士や家族の簡単で手軽なコミュニケーションの手段にとても重宝ですね。

ツイッターの利用者の中で特に有名なのがバラク・オバマ大統領です。

100万人のフォローがあるとか。

早速、私もフォロー登録しました。(下記URLをご参考までに)

http://twitter.com/BarackObama

英文ではありますが、短文ですので、なんとか意味がわかります。

ツイッターは大ブームになる予感がするのですが、ご興味ある方は是非お試しあれ。
posted by ネット田中 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック