2009年04月23日

居抜きビジネス活況

読者の皆様

お陰様で当ブログ記事も今回で200号となりました。

今後ともよろしくお願いします。

では、今回は居抜きビジネスについて記事にしました。

中小企業に多い業種はというと、サービス業ですね。その中でも多いのが飲食業です。

比較的、小資本で起業できるからです。

小資本といっても、ラーメン店ひとつ開業するにも、テナントを借りて厨房などの内装を整えると軽く数百万円はあっという間に飛んでいきますね。

そこで居抜きビジネスが活況かと。

居抜きは前の店舗の厨房やエアコンなどの設備をそのまま使うこと。

開業費用が半分以下で済むと言われています。

費用以外にもメリットがあるのです。

それは前店舗のリサーチ情報です。

つぶれた理由を分析し、次の店作りのマーケッティングに利用するのです。

この居抜きビジネスは、画一化されたチェーン店には不向きですが、個性ある個店としては、大変メリットの多い起業方法です。

診断士もこの分野でコンサルティング活動をしていますので、ご興味のある方は相談してみてはいかがでしょうか。
posted by ネット田中 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック