2009年04月13日

時には恐怖も大事

羽田発徳島行きの飛行機便に乗りました。

出張族の私は、過去、何百回飛行機に乗ったことでしょう。

でも、私は飛行機が大嫌いです。悪天候で激しく揺れると、まさに恐怖のどん底に落された様な気分です。

できれば、この恐怖は避けたいのですが、しかたがありません。

耐えるしかないのです。

また、耐えても何のメリットもありませんね。

恐怖にも、いろいろあって、耐えることで成長する場合もたくさんあります。

人前で、プレゼンをする機会がたくさんあるのですが、これも、過去、数百回はこなしたと思います。

毎回が程度の差はあれ恐怖です。

でも、新たな経験を積んだ自分を実感できるのです。

恐怖に耐えて得られたものです。

アメリカ発の金融危機で日本でも雇用不安が顕在化しています。

自分もリストラの対象になるかと考えれば恐怖を感じます。

でも、恐怖から学ぶこともあるんですね。

次の備えを考える機会になるからです。

恐怖はそれを強く後押しします。

避けて通りたい恐怖ですが、時には恐怖も大事と思うのです。

いかがでしょうか。





posted by ネット田中 at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

勉強になります。
ありがとうございます^^
Posted by 資格試験・資格取得のすすめ at 2009年04月13日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック