2009年03月21日

都市鉱山

都市鉱山という言葉は、ゴミとして処分される家電や電子機器に含まれる希少金属を鉱山に見立てたものです。

この都市鉱山ですが、ゴミの中とはいえバカにできない量が含まれています。

例えば、銀でいえば全世界の埋蔵量の20%超が都市鉱山の廃棄物に存在すると言われています。

また、日本が廃棄物のリサイクルを全て行ったとすると、世界有数の資源国となります。

ここで重要なのがゼロエミッションという考え方です。

ゼロエミッションは、家電などのゴミを徹底的に分解しリサイクルすることによって最終的な産業廃棄物をゼロにしようという取り組みです。

現実に日本のリサイクル工場では回収物の98%をリサイクル化し、最終廃棄物0.1%に成功している工場もあるそうです。

アメリカのオバマ政権がグリーンニューディール政策を打ち出しましたが、地球にやさしい資源政策では日本は一歩先を行っているようです。
posted by ネット田中 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック