2009年03月16日

意味的価値

意味的価値とは、顧客が主観的に意味づける価値を言います。

対極が機能的価値です。

商品戦略ではこの意味的価値がとても重要になります。

機能的価値のウエイトが高まると商品の価格下落傾向が高まります。

みじかな事例がパソコン、テレビです。

顧客は意味的価値より機能的価値を優先して商品を選択します。

必然的に機能競争、価格競争となります。

逆に比較的、意味的価値のウエイトが高いのが自動車です。

自動車はデザインや快適性、趣味、ステータスなど機能プラスアルファの要素が高い商品と言えます。

このため実際に自動車は数十年間の長い間、価格が低下しませんでした。

新商品開発に意味的価値がいかに重要かがお分かりいただけると思います。

その事例が最近のゲーム機のヒット商品に見られます。

任天堂のWiiは、家族団らんで楽しめる新しい遊び方を提案しました。

意味的価値をうまく造りこんだ好例です。

大ヒットしたのも、うなずけますね。

ラベル:診断士 資格 理論
posted by ネット田中 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック