2009年02月11日

グリーンIT

私の勤務するオフィスでもPCをスリープモードに設定して、周辺機器も小まめに電源オフ、お昼時間は一斉に消灯となっています。

経済産業省のグリーンIT推進協議会の試算では、オフィスでのIT需要の高まりにつれ、消費電力は、2010年の602億kWhから2020年には1637億kWhの約3倍になると予想しています。

地球温暖化防止のためCO2削減に向けITに関連したエコの推進は緊急の課題となっています。

そこで登場するのが「グリーンIT」です。

「グリーンIT」は今では世界的によく知られたキーワードになっています。

明確な定義はありませんが、「地球にやさしいITを推進するための活動」と解していただければイメージいただけると思います。

先の例のようにグリーンITは「地球温暖化防止=温室効果ガス排出抑制」の面から語られることが多いですね。

発電の際のCO2排出を可能なかぎり少なくするために、各国の政府と産業界がこぞってIT機器および設備の消費電力の抑制を図っているのです。

では、自分達一人ひとりが取り組むべきものってあるのでしょうか?

グリーンITのキモは、個人が何をするかではなく、IT技術が省エネをサポートするシステムや製品開発なのです。

個人にストレスを感じさせない「エコ」これが本質なのでしょう。
posted by ネット田中 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック