2008年12月21日

ゆず湯

今日は、私の家族の日記です。

日曜の夕方、大型スーパーに行くと、柚子(ゆず)が大量に売られているではないですか。

わたくしてきには、ゆずは、薬味?鍋にポンズに少し?としての利用かな?

でも、女房いわく、今日のお風呂は、ゆず湯にします。キッパリ!

今日は、1年でもっとも夜がいちばん長くなる冬至(とうじ)12月21日です。

冬至にゆず湯の風呂に入ると、『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。

スーパーでは、ゆず1個が98円なり。当然に、わたくし大反対しました。

お風呂に入れるには、最低でも3個?(全く根拠ありません)
合計300円です! 今日は、別府の湯の粉にしようよ。訴えます。

結局、返りの商店街で3個パック150円のゆずを買いました。

生まれてはじめての、ゆず湯を子供たちと体験しました。

はっきり言います。すごく良いのです!

ゆずの香り(一坪タイプの湯船に3個入れました)がとてもリラックス感を与え、汗ダラダラ、体がホカホカです。

風呂場では、わたくし、冬至とは。。とのウンチクを長々と子供に聞かせていました。

ちなみに、なぜ冬至にゆず湯なのかというと、「冬至」に「湯治(とうじ)」がかけられています。

また、「柚子(ゆず)」だけに「融通(ゆうずう)が利く(きく)ように」という願いがこめられていると言われています。

もちろん、柚子(ゆず)がこの時期に旬を迎えることにもよります。

柚子の精油成分には、蜜柑の皮と同じく血行を促進させる働きがあり、風呂に入れると身体を芯から温めます。

新陳代謝も活発になるので、疲れや痛みもとれ、冷え性にも効果があります。

ゆず湯は、日ごとに厳しくなる寒さに備えるための冬のお風呂なのですね。

皆さんもゆず湯でお風邪などひかぬようご自愛ください。

では!
posted by ネット田中 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆず湯って良いんですね〜♪
なんだか もったいない気がして
入れたことないです(^^)
何回か使えるんですか?
Posted by ゆみちん at 2008年12月22日 13:07
ゆず湯イイネ♪d('∀'o)

σ( ̄。 ̄) オイラも、早速ρ(⌒−⌒。)ノ イッテミヨー♪
Posted by at 2008年12月22日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック