2008年12月13日

セレンディピティ

セレンディピティとは、偶然におこった事象をとらえて幸運に変える能力を言います。

もともとが、おとぎ話からきた造語serendipityからきています。

強引に日本語に訳す?と幸運偶然発見能力となるのかな。ピッタリでないとしても近い意味にはなると思います。

ここで注意は、能力であること。発見した幸運そのものではありません。

ですから、よく、セレンディピティの高い人、低い人という言い方をします。

セレンディピティの高い人の事例では科学分野で、そのエピソードに事欠きません。

今年のノーベル賞に日本の科学者4名が受賞しました。

かのノーベルに有名なエピソードがあります。

不安定な液体爆発物のニトログリセリンを安定化させようと日夜研究するがうまくいかない。ある日、ニトロ保存容器に穴が開いて、漏れているのに気づきました。これは大失態でした。
でも、漏れたニトロは周囲の珪藻土に含くまれて固まっていたのです。
これがダイナマイトの起源ということです。

大失態から偶然に幸運を発見したんですね。

では、セレンディピティを高めるにはどうしたらよいか。

いろんな関連書籍がありますが、私なりの答えは、身近に尊敬する人を真似る事です。

たとえば、営業職の方で、尊敬できる上司や先輩がいたら、その行動や習慣を真似てはいかがでしょうか。

すこし、コンピテンシー理論に相通ずるのもがあると思います。


posted by ネット田中 at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
トラフィックエクスチェンジの
換金はイーバンクの「めるマネ」なので
手数料は無料です!
なので、15円まるままもらえますよ♪
Posted by トット at 2008年12月13日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック