2008年09月25日

データベース・マーケティング

データベース・マーケティングをご存知でしょうか。

ITの進展に伴い、顧客データをコンピュータで蓄積、管理し活用するシステムが飛躍的に発展しました。

こうした蓄積したデータを利用し、顧客の行動分析を行い、適切な販促アプローチをしようと言うのが、データベース・マーケティングです。

注意すべきは、新規顧客の開拓というよりは、既存顧客への継続利用や購入額拡大を目的にしている点です。

先駆者は、クレジット・カード会社と言われており、カード登録時の情報やカード利用履歴から、その人の嗜好にあった商品やサービスをダイレクトメールで送ったのが始まりとのことです。

最近では、Web技術やインターネットの普及に伴い、ホームページにアクセスした顧客が、サイトの中のどのコンテンツを、どのくらいの時間見て、何を購入したかをデータベースに記録し、その顧客にあったページを表示するサービスなどが行なわれています。

既存の顧客を重視し、個々の顧客に合わせてサービスを提供する点では、消費者にとってもメリットは大きいと思います。

ただし、尚のこと、個人情報の管理は、しっかり、お願いしたいものです。
posted by ネット田中 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック