2008年07月01日

『大阪改革の行方』通天閣を見て感じた事

以前の連休の話ですが家族で実家の大阪に帰省しました。

毎年1回は帰省していますので大阪や近県の名所は、ほとんど行きました。

今回は特に計画が無く、ふと、新世界の通天閣を見に行きました。

コテコテ号という無料バスに乗って、新世界の通天閣に到着、ボランティアのガイドのおっちゃんが30分で街を案内してくれます。

昔、私が幼い頃は、少し危ないデンジャラスな街でしたが、スッカリ観光地として定着し外国人の観光客も多く見られました。

ビリケンさんと呼ばれるアメリカ渡りの幸福の神様の足をなでなでし、名物串かつを食べました。

ボランティアのおっちゃん(ご本人がおっちゃんと呼んで下さいと言います)の案内で最後に訪れたのが、廃墟のテーマパークなんです。

鉄筋の重厚で広大な建物内にジェットコースターまであるんです!

廃墟とは言いすぎじゃないか。と怒る方は是非行って見てください。

人がいないのです。店が殆ど閉まっているのです。

おっちゃんの言葉が印象的なんです。

この新世界の街に誰もこの建物は望んでいませんでした。

強く望んだのは、政治家と業者だけです。

維持費だけで年間数億円、壊すこともできません。

最近、メッキリ日雇い労働者の方が減ったそうです。

観光地化されて、綺麗になり過ぎて、場違いと敬遠すのだそうです。

大阪府知事が改革の旗印を揚げて死に物狂いで頑張っています。

手法の是非は別にしても応援したい気持ちになります。

最後に、通天閣ですが、真下にマクドナルド店がありました。

これも時代の流れでしょうか。

↓↓ 少しでもお役に立ちましたらランキングにご協力ください。 どれでもおひとつ ↓↓
  
にほんブログ村 コンサルタント系資格 人気ブログランキングへ 






posted by ネット田中 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お立ち寄りありがとうございます。
大阪府民です。とにかく変えなきゃという必死さはとても伝わってきます。
頑張ってほしいです。

応援して帰ります。
Posted by Whitedog at 2008年07月04日 19:22
Whitedogさん
コメントありがとうございます。
私も映画ファンです。
ブログ楽しみにしています。
Posted by ネット田中 at 2008年07月05日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック