2022年05月22日

EUデジタルサービス法の狙い

EUがデジタルサービス法に合意。

先月のニュースです。

この法律は、IT企業が欧州でビジネスを行うためのルールを定めた法案なんです。

EUは、昨年早々にデジタル戦略を発表していて、開放的で民主的そして持続可能な社会を掲げています。

具体的な狙いは、新データ経済のリーダ。

EU内で自由なデータ流通を促進するデータ単一市場「European Data Space」を計画しています。

GAFAなどの米国IT企業やBATなどの中国IT企業が個人データ市場を支配している現状を打破する切り札に。

EUの規制は世界的なインパクトを持つという意味で、ブリュッセル・エフェクトという言葉があります。

世界有数の単一市場であり、多国籍企業は市場アクセスの必要経費として、過去から規制を受け入れてきた歴史があります。

グローバルな規制対応をEU基準に合わせる企業も多くて、市場アクセスの必要経費という考え方もあります。

GAFAを抱える米国の反発が予想されますが、米国内でも中小企業や利用者には歓迎の声も多いようです。

この法律では、プラットフォームで偽情報の拡散を取り締まります。

また、ターゲティング広告のアルゴリズムを明らかにするよう求めていて、民族性や性的指向に合わせて作成された広告を禁止します。

GAFAなどの巨大IT企業を抑制しようとする狙いも。

さて、日本はどう動くのでしょうか。

デジタル規制でEUと対決するのではなく、共通の価値観で連帯すべきと思うのです。

ラベル:EU 法律 GAFA
posted by ネット田中 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

キッチンカー出店計画

キッチンカー出店計画のご相談がありました。

都内のベーカーリーショップ。

コロナ禍にあっても密接触を避けた店舗運営を行い、売上と収益黒字を確保しています。

しかし、最近の原材料高騰は痛手、商品価格への転嫁もそう簡単なことではありませんね。

キッチンカーは、そんな中での計画です。

所有の軽自動車の荷台を改造、冷蔵庫ほか設備を準備、決済はキャッシュレスでと、、

資金調達を含め計画を練りますが、商品に工夫をと思案中です。

店舗では、その近隣地域の人口動態に影響されますが、キッチンカーは出向く先で異なります。

今の時代、ある程度ネットでノウハウを得られますが、ここは類似の現場調査が有効となります。

所属事務所のあるMioさいたま新都心そばの北与野駅にもありました。

意識しないとスルーしていましたが、すると目につくんですね。

平日のお昼時、立て看板には営業時間があり売り切れごめんで、お客さんも列を作り繁盛のよう。

価格帯は1000円〜2000円、さっそく事務所に持ち帰りローストチキンカレーとても美味しく頂きました。

これをパンに置き換えると、、

計画案を頭の中でシミュレーションしています。

キッチンカー.jpg
ラベル:事業計画
posted by ネット田中 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

富岡製糸場と働き方改革

世界遺産巡りに富岡製糸場へ。

巨大装置を前にゾクッとくるのは私だけか。

150年前に開業、近代繊維産業の先駆けで官営から民営に移行、

女性が就ける仕事が少ない時代、優秀な工女が仕事につき、全国各地で製糸業の発展に貢献しました。

ただ、元祖ブラック企業と言う悪評もあるんですね。

フランスから生産技術を輸入した時、働き方も習って、1日7時間45分勤務で土曜祝祭日、年末年始、夏季休暇があり、賃金も含めかなりの厚遇でした。

劣悪になったのは、民営化後の経済発展の時代に移り、

1日12時間、休日は月2日、『あゝ野麦峠』に代表される悲劇も。

今朝の新聞、大手企業が週休3日にという見出しに、何か重なるものが。

そうか、150年前の労働時間と今、ほとんど変わっていないんですね。

週休3日は、週の所定労働時間を変えずに、残りの4日でということです。

何か違うなと感じるのですが、いかがでしょうか。

IMG_1708.jpg    IMG_1705.jpg


ラベル:世界遺産 労働
posted by ネット田中 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

資源高・物価高のリアル

支援先企業にも資源高の影響が見られます。

リサイクル事業者では、売上高が昨年度比1.5倍に。

これは生産量が増えたわけではなく(むしろ若干減少)資源高の影響で再生品単価が高騰したためです。

ただ、有価原料も高騰しているので、高収益とまではいきません。

ベーカリーショップでは、ハード系の種類を抑えラスクなどソフト系を増やしています。

特に人気の食パンは材料費の高騰で採算に合わないと。

価格転嫁するにも限度がありと四苦八苦しています。

事業者目線で資源高・物価高は如実に感じます。

経産省が進める事業者支援でも、この対策にと補助金制度に追加されました。

事業再構築補助金に加点ポイントがつき、次の公募では特別枠を設けることになりました。

ーーーーー
【コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」に関して】
コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」に基づき、事業再構築補助金において、新たに原油価格・物価価格高騰等の予期せぬ経済環境の変化の影響を受けている事業者を対象とした特別枠の創設や加点措置を行います。
ーーーーー

狭き門とは言え、支援先事業者にはご紹介することにしています。

資源高・物価高の現実をリアルに感じる今日この頃です。
ラベル:診断士 経済
posted by ネット田中 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする