2020年01月25日

スペンドシフト現象

令和時代の消費トレンド、前回の続きで、スペンドシフトについて。

spendは費やすなので、スペンドシフトで消費行動がシフトするとなります。

10年ほど前に、『スペンド・シフト』日本語サブタイトルで「<希望>をもたらす消費」という本が出版されています。

この本では「より多くのものをより安く」買うから「高くても価値あるもの」に消費トレンドが変化していると。

ここにきて、日本でも、同様の現象がみられると実感するのです。

先進国で消費者が企業に求めるもの(キーワード)。

減少しているキーワード:豪華・ワンランク上・ミステリアス・グラマラス

増加しているキーワード:信頼・親切・社会貢献・寄り添う

たしかに、ワンランク上ってよくプロモーションに使われていましたが、最近は響かないですよね。

増加キーワードを見て、私が思い浮かぶもの。

日本の中小企業の経営理念です。

「感謝」「地域貢献」「社会的信頼」などを取り入れているところが多数見受けられます。

経営理念に従い事業を展開すれば、スペンドシフトで世界中のお客様が増えていくはず。

令和の時代、スペンドシフトで日本型経営が成功へと。

私はそう信じています。
ラベル:消費 診断士
posted by ネット田中 at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

コト消費からトキ消費へ

一昨日は、東京診断士協会城西支部の60周年記念イベント。

特別講演では、日経新聞社の石鍋さんから「令和のトレンドをよむ」をテーマにお話がありました。

昭和は、モノ消費時代。

平成は、コト消費時代。

では、令和は?

トキ消費時代ではと、よみます。

その意味とは、『いつでも、どこでも』から『今だけ、ここだけ』にトレンドが変化していると。

平成の時代は(いまも継続していますが)、コンビニやチェーン店のように、大きく外れ無しの均質化(安定化)したサービスに人が押し寄せました。

たしかに、今も変わらず、実感もありますよね。

そこに新たなトレンドが。たとえば、イベント。

コンサートでは夏フェスがヒットし、ハロウィーンも渋谷でニュースとなります。

ハロウィーンですが、川崎が発祥で全国に拡散していったとそうです。

令和のトレンドはトキ消費で決定か?

いえいえ、他にも「ヒト消費」「イミ消費」を加え3つのトレンドを実例をもとに紹介がありました。

一方、モノ消費への回帰も見られそうですからトレンドをよむのは占いに等しいかも。

ただ、モノ・コト・トキ・ヒト・イミ、ほか、これって多様な価値観が具体的に消費行動に表れる時代かなとも思うのです。

何がヒットするかわからない時代が令和。

豊かな時代でありますように。
posted by ネット田中 at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の協会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

中小企業の2025年問題

2025年問題は、団塊の世代が75歳にかかり、5人に1人が75歳以上、未体験の超高齢化社会に突入することで起こる様々な社会問題を言います。

そうは言っても、一気に来るわけでもなく徐々に浸透してきて、ふと振り返ると、こんな状態なんだと実感することもありますよね。

私が、たまたまの平日に図書館を訪れた時、高齢者であふれていたのにはビックリでした。
(社会問題ということではありませんが閑散としたイメージだったので)

経産省がDXレポートというのを出して、2025年の崖というショッキングなタイトルで話題になりました。

これも実感として身近に中小企業事業者を見ると、如実に危機感を覚えるのです。

IT人材の技術継承だけでなく、経営(会社)事態の継承が問題となっており、DXレポートでも127万社が危ういとしています。

中小事業者300万社の約4割ですからね。

当然、政府も昨年から10年間、事業承継支援策をだしています。

専門分野にするしないにかかわらず中小企業診断士のかかわりとして事業承継問題は避けて通れそうにありません。

この分野での活動に注力したいと思い鋭意勉強中。

中小企業の2025年問題、目が離せません。

posted by ネット田中 at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の中小企業問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

定年とシニア派遣

現在、まだほとんどの企業の定年は60歳です。

60歳で会社を定年し年金受給開始時期の65歳までどう働くかが課題となります。

もちろん、士業など個人事業主には定年がありませんので、主にサラーマンの方の悩みになりますね。

高年齢者雇用安定法で65歳までの雇用を義務づけることになりましたが、次は70歳へ。

企業は継続雇用の対象者を能力などで絞り込めなくなるため、負担増に備え対応を急いでいるのが現状なのです。

そこでもう一つ、最近、関心が高まっているのが民間のシニア派遣サービスです。

この特長は、自分が仕事をしたい期間や曜日、時間帯などを選びやすい点にあります。

比較的蓄えがあって、ゆったり働きたいならば週3日などと選択します。

そんなシニア派遣も一般の派遣と変わらず、派遣会社と給料や勤務時間を決めて雇用契約を結びます。

そして条件にあった勤務先で働くことになります。

経験豊富なシニア派遣では、中小企業などで社長の右腕として期待される場合も多いそうで、このあたりは、シニア派遣ならではですね。

ただ、シニア派遣の注意点は、他の派遣と同様で登録すれば、すぐに働けるわけでは無く、高齢者が増える中で競争率も高いのが実態なのです。

そして最後に採用されるポイントは何かと言うと、人柄だそうです。

スキルは当然として、それに加えて、派遣先は、指示命令で働ける人かどうかを見極めているようです。

そんなシニア派遣ですが、定年後も働く場としての選択肢が広がるのは良いことだと思うのですが。

いかがでしょうか。
ラベル:シニア 診断士
posted by ネット田中 at 20:18| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の会社生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

パラレルワーカーという働き方

一つの会社や職場に縛られず、複数の仕事を掛け持ちしながら働く人のことをパラレルワーカーと呼ぶそうです。

サラリーマンの副業の話ね、、というとチョット違って、副業は、あくまで本業があって、補完的な仕事をさします。

パラレルワーカーは、主従なく全て本業なんですね。

これって以前からあって、飲食業を複数掛け持ちしたり、塾講師をしながら企業コンサルをしている方を身近に見知っています。

この働き方ですが、これからの主要な選択肢になる予感がするのです。

今年は、非正規雇用者との待遇差を改善する法律が4月(中小企業は来年4月)から施行されますね。

これを契機にようやく?パラレルワーカーを含む非正規雇用者の待遇改善が期待されています。

また、企業が副業解禁に踏み切ることも、パラレルワーカー拡大のトリガーになるかも。

雇用の流動性が高まり、多様な働き方が可能な社会を期待したいと思いますが、一方、その過程においては痛みを伴うことも。

パラレルワーカーという働き方に注目したいと思うのです。
posted by ネット田中 at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 診断士の経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする