2017年08月19日

パブリックエディター廃止

ニューヨーク・タイムズ紙が5月末にパブリックエディターを廃止しました。

パブリックエディターは、自社(新聞社)の報道に対して、読者代表の立場で注文をつける、監視機能を果たしてきました。

もともとの発端が、十数年前におきた記事ねつ造スキャンダルの再発防止策で、外部識者を入れ記事内容を検証する、言わば、社内オンブズマンとしての役割を担っています。

同紙は、ソーシャルメディアの発達で現代的な監視役を担ってもらえるので、社内に置く理由がなくなったとしています。

ところで、日本で初めてパブリックエディター制度を取り入れたのは、朝日新聞社でした。

日本の新聞史上で初めてで、読者以上に、権力と一体になりがちな記者クラブ体質を引きずってきた日本の新聞界に一石を投じました。

朝日新聞社が池上彰氏のコラム「新聞ななめ読み」の掲載をいったん見送ったときには、池上氏が事実上パブリックエディターの機能を担っていたのではないでしょうか。

「新聞ななめ読み」で朝日の慰安婦報道問題への対応を取り上げ、「お詫びがなければ、試みは台無しです」と一刀両断したのを記憶しています。

メディアの経営環境が厳しくなる中、ワシントンポスト紙が既に2013年に廃止するなど、パブリックエディターを置くアメリカメディアは確実に減少しています。

アメリカに限らず、日本でもメディア批判、メディア離れが加速している感じます。

パブリックエディターはメディア編集局の監視役の立場から、読者と記者を繋ぐ橋渡しになってほしいなと思うのは、私だけでしょうか。

新聞大好きな私には、とても大事な存在なのです。
ラベル:診断士 新聞
posted by ネット田中 at 11:35| 東京 🌁| Comment(0) | 診断士の国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

通商法301条とWTO

通商法301条は、アメリカの法律です。

いま、トランプ政権が中国に突き付けて話題になっていますね。

大昔、日本もアメリカと貿易摩擦が起こり、当時のレーガン大統領が通商法301条を使って、さんざん脅された記憶があります。

この法律は、さすがに、即、発動とはならず、1年ほどかけて調査が行われますが、今回の中国との争点は、知的財産権侵害(いわゆる特許侵害)が争点のようです。

でも、経済最強国が一方的に経済制裁を行えるのですから、国際法的にはルール違反ではないのでしょうか?

中国の肩を持つわけじゃないですが、WTOって何しているのと思ってしまいます。

世界経済の2大巨頭の戦いですから、もし、発動されて貿易戦争となれば、周りにも影響必至です。

ただ、このタイミングでの301条調査開始の狙いは、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して中国が圧力を強化するよう、対応を促す狙いもありそうですね。

アメリカ政府は、まず、予備的な検討を行い、本格調査に移行するか判断するとしており、まだ、いくつか段階を踏むことになります。

米通商法301条は、調査結果が問題ありとした場合には、次の段階として是正協議を行い、それでも成果が得られない場合には、高関税実施といった一方的な制裁の権限を米大統領に与えています。

中国側もWTOルールに基づく貿易措置を講じる必要がある、とけん制しており、貿易戦争に発展する恐れもあります。

今後の動向を注視する必要がありそうです。
posted by ネット田中 at 10:15| 東京 ☔| Comment(0) | 診断士の国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ライフ・シフト

ライフ・シフト。サブタイトルが100年時代の人生戦略ですから、おおよそ何が書かれているかは想像できますね。

ただ、分厚い本なので、書店で手に取ってはスルーしていました。

ワーク・シフトの著者で有名なリンダ・グラットンさんと、経済学者のアンドリュー・スコットさんの著書です。

現在の平均寿命が、おおよそ男性81歳で女性が少し長生きの87歳ですが、2007年生まれの10歳の子供は50%の確率で107才(2114年)まで生きるそうです。

実は平均寿命って、生まれてすぐに亡くなる赤ちゃんも含んでいるんですね。

ですから、医療の発達していない昔の平均寿命が必然的に低く統計上表れてきますが、今後の医療技術の進歩などにより平均寿命は確実に伸びるそうです。

そう、人生100年時代の到来です。

たしかに、100年を生きると思えば、今までの人生設計も変化(ライフ・シフト)すべきですね。

教育を受けて、仕事をして、老後引退という3段階の人生から、「マルチステージ」の人生へと様変わりするとしています。

これからは、この3段階の人生は終わりとなり、マルチステージの人生へと移行し3ステージが追加されます。

@エクスプローラー  Aインディペンデント・プロデューサー Bポートフォリオ・ワーカー

そして仕事ステージと教育ステージと合わせた「5つのステージ」を、いったりきたりする人生になります。

このようなマルチステージの人生を生きるには、お金という有形資産以外に、4種類の無形の資産を作ることが大切と述べています。

能力、健康、人脈、パートナーの4つです。

シニア世代に近づいた私も100年と言わずとも90歳ぐらいまで(両親は90歳超えていまだ元気)は、生きるとして、今からでも遅くない。

有形資産は無理でも、無形資産は築いていこう思いました。
ラベル:診断士
posted by ネット田中 at 09:11| 東京 🌁| Comment(0) | 診断士の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

お盆玉の経済効果

お盆ですね。

テレビでは帰省ラッシュに地方への里帰りのニュースが多くみられます。

その中で、最近、お年玉と同様にお盆玉というのが流行?しているようです。

たしかに、私も久しぶりに顔を見せた甥っ子や姪っ子に小遣いを包んで渡していますが、特に、お盆玉という言葉は意識しませんでした。

診断士的にこの現象を考察すると経済活性化に効果ありと見ます。

お金を持っている、おじいちゃん、おばあちゃんたちの財布が緩む絶好の機会ですね。

貰ったお盆玉で、子供たちが買い物をすれば、消費に好影響ではないでしょうか。

ちなみにニュースでは、平均7〜8千円とのことで、金額もそこそこ、風習とまで言わないまでも定着すれば良いのではと思います。

いずれにしても「お盆玉」がじわじわと浸透しつつあるのは間違いなさそうで、個人金融資産の大半を握る高齢者から、消費が旺盛な孫世代への資金移転は経済活性化に役立つと分析します。

夏の消費が盛り上がらない中、お盆玉がその一助となることを願います。

ところで、もう一つ、ひらめいたのですが、お盆玉って商標登録されているのでしょうか?

知財的に見れば、オイシイ商標と見て取れますので、中小企事業者の皆さんで自社の商品に関連付けて商標登録しては、いかがでしょうか。

これも一つの経済効果と思うのです。
ラベル:経済 診断士
posted by ネット田中 at 10:42| 東京 🌁| Comment(0) | 診断士の社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

世界最大の中央銀行は日銀

ご存知のように日銀は量的金融緩和と称して、年間80兆円近くの大量の国債を買い続けています。

その資産がなんと500兆円を超えたと言うのですから驚きです。

どのくらいの規模かと言うと、アメリカのFRB(日本で言う日銀)が500兆円弱(110円/$換算)ですから、アメリカを遂に抜いてしまいました。

FRBは今後徐々に金利を上げていこうという方向ですから、ますます、その差は開く一方です。

世界一が何でも良いわけなくて、これって凄いリスク何ですね。

もちろん、大量に日銀が国債を買い込んだお陰で金利は極限まで低下し、企業にとっては設備投資、個人にとっては住宅購入を促す効果があります。

また、円安に誘導できるので輸出企業にも恩恵が及びます。

良いこともあるんですが、反動のマイナス面もちゃんと伝えるべきだと思うのです。

日銀が大量に国債を買い続けたことで、銀行や生命保険会社などの機関投資家は国債を敬遠しだしましたね。

FRBのように、いつかは日銀も国債を売る時が来ますが、買い手が無く、金利の乱高下など金融市場や経済に大打撃を与えるおそれがあります。

日銀は何とか2%の物価上昇目標を達成しようと躍起になっていますが、米国や欧州の物価は上昇し、緩和戦略からの出口を探るなかで、世界で唯一、日銀はひとり資産を膨張し続けるのでしょうか。

超低金利の中で、国としては借金を増やしやすい状況であり、デフレ脱却には他に選択肢が無いのもわかります。

でも、日銀は将来、国民にツケが回るとことも、きちんと説明すべきだと思うのですが、いかがでしょうか。
ラベル:経済 診断士 金融
posted by ネット田中 at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | 診断士の国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする